お好み焼きはバランスが整っている

お好み焼きは、材料や焼き方に、地域によりかなりの違いがあります。地方特有の特徴がでやすいものです。中でも広島焼きは、せん切りキャベツ、モヤシ、干しエビ、イカ、豚肉などを入れた上に、中華ソバやうどんを加えるため、かなりボリュームがあります。

お好み焼きの基本的な材料は、肉あるいは魚介類にたくさんの量のキャベツ、卵、小麦粉などですが、実は、栄養的に大変バランスがとれた料理なのです。
まず、タンパク質が豊富です。肉や魚介類に卵が加わると、タンパク質が増加するだけでなく、卵の良質なタンパク質が他のタンパク質の価値を、より高めるというメリットがあります。
タンパク質は、体力を増し、免疫力を高めますので、健康には必要欠くことのできない栄養成分です。しかも、タンパク質は体内でつくれないので、食物からとる以外、補給することができません。

したがって、不足しないように、より効率的にとることを心がけるのは、健康にとって非常に大切です。また、今、若い人の野菜離れが問題になっているが、その点でもお好み焼きは理に適った料理といえよう。ビタミン類やミネラルだけでなく、さらに、食物繊維の大きな供給源にもなる。というのは、お好み焼きにはキャベツがふんだんに入るし、それに、ソースの上にかけるかつお節や青海首の栄養も無視できないでしょう。

青海苔は鉄分が豊富で、食物繊維もある。たっぶり使用すれば、よい栄養補給になります。また、かつお節もカルシウムが豊富です。
日本の食事では不足しがちなカルシウムが補えてしまいます。さらに、お好み焼きのよい点は、目の前でつくった焼きたての熱々を食べられるという点です。見た目にも食欲がわきます。食べ物はできたてほどおいしいのは言うまでもありません。

料理が仕上がり皿に盛られる間にも、風味はどんどん失われてしまいます。それだけに、できるだけ熱々の料理を口に入れることがおいしく食べられるポイントです。なお、お好み焼きは、江戸時代、女性たちの遊びの料理であったといわれています。それが明治になり、一銭洋食として子どもに人気が出たのですが、やがて、安くて栄養があり、お腹も膨れるというので、大阪を中心に普及しました。

とくに第二次大戦後、卵などがかなり安く手に入るようになって急速に広まりました。栄養面だけでなく、家族や仲間の団欒にも役立ち、いろいろの点で素晴らしいお好み焼きを、日常もっと取り入れるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です