アクの強い野菜がなぜガンに効くのか?

根菜類はゴボウをはじめとして、きざんで空気にさらすと褐変してしまうのが多くあります。これは空気に触れてタンニン系物質が酸化するためです。

ゴボウの場合は、ポリフェノールという無色の物質が酸素によって酸化し、褐色に変色します。一般に、アクが強く、空気に触れると酸化して褐変するような物質を含む食品はガンの予防効果が高い。

ゴボウがもっとも効果が大きいが、さらにサトイモ、レンコンなどの根菜類にも、ゴボウほどではないが、かなりのガン抑制作用があります。

ところで、根菜類がガン予防に役立つ理由としては、このようなタンニン系の物質を含んでいること以外に、食物繊維が豊富であることもあります。
他の項目でも紹介しているように、食物繊維にもいろいろな種類があるが、ゴボウなどの固い繊維はセルロース。この他にリグニンという成分も食物繊維です。

リグニンは、木材の中に含まれている物質ですが、根菜類にもかなり多く含まれている。このリグニンも、ガン予防に役立つことで知られています。

皮をむいて売られているサトイモは、料理すると、表面が固くなっているのが分かりますこれは、サトイモが皮を剥かれて裸になったため、身を守るために、表面にリグニンの層をつくったことによります。

いずれの食物繊維も、大腸ガンに対して予防効果のあることが確認されています。それは発ガン物質が大腸内で生産されたり食物とともに入ってきたりしても、それらを吸着し、便通をよくして、体内に吸収されないようにする働きがあるためです。これは、実験的にも証明されている。また、食物繊維が十分にとられている場合、腸内の良質な乳酸菌の繁殖がよくなります。

この乳酸菌は、発ガン物質が腸内でできても、それを打ち消す作用がかなり強力です。また、発ガン物質の生産を行なう犯人である腐敗菌の増殖を抑える働きもあります。現代の食生活は、脂肪分が非常に多くなってきています。脂肪分が多くなると、腸内での乳酸菌の繁殖が妨げられ、腐敗菌が増殖します。つまり、発ガン物質が多くつくられる可能性があるということです。そこで、根菜類を食事にできるだけ入れるようにすることが大切となるのです。

そういえば、霊芝・アガリクスなども食物繊維の塊のようなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です