アミノ酸が豊富で消化吸収も優秀な大豆もやしが肝臓強化におすすめ

大豆もやしは、大豆を人工的に発芽させた食品です。芽が出るときに、ビタミンCとビタミンB1がふえるうえに、大豆本来の植物性タンパク質もたっぶり含まれています。その植物性タンパク質には、リジン、トリプトファン、メチオニンなどの必須アミノ酸が豊富です。

これらのアミノ酸には、肝臓に栄養を補給したりアルコールの代謝を助ける働きがあります。お酒の飲みすぎは、脂肪肝を起こす大きな要因の1つですが、大豆もやしに含まれるアミノ酸がアルコールの害を減らし、肝臓を守ってくれるのに一役買ってくれるわけです。

ところで、大豆そのものは肝臓強化に役立つ心強い食品ですが、ただ1つ弱点があります。「消化吸収が悪い」というのがそれです。この点、大豆もやしは大豆よりもずっとすぐれています。アミラーゼやインベルターゼなどの消化酵素が含まれているからです。そのため、胃の調子がおかしい、といったときにも胃に負担をかけずに食べられます。なお、大豆もやしの栄養成分をむだなくとり入れるには、ゆでるよりいためる調理法が有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です