ゼラチン VS 寒天

ゼリーをつくる材料としては寒天とゼラチンがありますが、おやつにゼリーをつくるときは、ゼラチンを使った方が栄養的にプラスになるでしょう。

寒天は早く固まりやすいが、寒天の材料は海藻なので、ほとんど消化吸収されない灰水化物でできています。ダイエット向けにはいいかもしれませんが、子どもや老人などには、ゼラチンでつくる方がいいでしょう。

というのは、ゼラチンの主成分はタンパク質だからである。ゼラチンは固めるのに時間がかかるが、口当たりは寒天よりなめらかである。ゼラチンは、コラーゲンという固いタンパク質からできていまするが、コラーゲンは免疫性を高める働きもあります。

免疫性が高まると、風邪などの病気にかかりにくくなり、また、かかっても治りやすくなります。さらに、ガンに対しても抵抗性も高まり、潰瘍瘍に対しても保護作用があります。

コラーゲンは、豚皮などの固いタンパク質を水で煮ることによって取り出すことができます。このコラーゲンを、水で長時間煮ていると変化してゼラチンになります。

また、コラーゲンは骨にも多い。骨つきの鶏肉を長時間煮たり、十分に蒸してから冷やしたりすると、ゼリー状の煮こごりができるのも、皮や骨からゼラチンができるためです。

なお、骨が簡単に折れないのは、この固いタンパク質であるコラーゲンのおかげです。ところで、ゼラチンゼリーをつくるとき甘味をつけるのに、砂糖はカロリーを増やすだけで栄養効果は期待できないので、できるだけ避けます。
それよりも、カリウムやビタミンC を補給できる100%果汁を使うことをおすすめです。リンゴやブドウ、パイナップルなどいろいろあるが、とくにリンゴやブドウは甘味が強くおいしく仕上がります。

それに牛乳、ヨーグルト、フルーツなどを加えてゼリーをつくれば、さらに栄養的に優れ、味のよいおやつになります。寒いときでも近年は暖房がきいているから冷たい口当たりのゼラチンゼリーはおいしいでしょう。

ただし、パイナップル、パパイア、イチジク、キウイなどを生で加えるとゼリーは固まらなくなってしまいます。これらの果物には、タンパク質を分解する酵素が含まれているためです。

そこで、これらの果物は、缶詰めを利用したり、一度煮て酵素を殺したりしてからゼリーに加えなければなりません。

中国では阿膠というコラーゲン主体の漢方薬があります。これは抗潰瘍性の効用がうたわれているが、実際に、コラーゲンを酵素である程度分解したペプチドは、胃潰瘍に対して保護作用が強力です。また、コラーゲンは関節などの柔軟性を保つ働きがあります。年齢が高くなると、関節のコラーゲンが減り、腰痛などが起こりがちですが、ゼラチンゼリーを食べることで腰痛の防止にも役立つでしょう。腰痛もちの人はゼラチンでゼリーを作って積極的に食べるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です