ビタミンたっぷりのカボチャが肝臓を元気にする

野菜の中にも、肝臓を守ってくれるものが幾づかあります。その1つは、かぼちゃです。苦から冬至にかぼちゃを食べる習慣がありますが、昔の人たちも寒くてお酒の進む時節にかぼちゃが疲れた肝臓をいやすということを知っていたのかもしれません。

かぼちゃは緑黄色野菜の代表選手です。ビタミンA効力を持つカロチンが非常に豊富なうえ、ビタミンEも多く、Cも含まれています。ビタミンAは欠乏するとガンが起こることがあるともいわれ、ビタミンCとともにガン抑制に役立つと考えられる重要なビタミンです。

肝臓病になると特にAは不足がちになるので、積極的に補ってやる必要があります。そしてビタミンEとCには、肝細胞の膜を傷つける過酸化脂質の生成を防いだり、できてしまったものを分解したりする働きがあります。ビタミンEは、肝臓病や動脈硬化の治療にも使われています。

肝臓にとって、A 、C 、E はまさにエースのビタミンです。肝臓が気になり始めた中年世代の人は、かぼちゃ料理のバリエーションを工夫して、もっと食卓にのせる回数をふやしたいものです。なお、かぼちゃのビタミンA は、油で調理すると5倍以上も有効に働くので、植物油でじょうずに料理します。オリーブオイルを使えば腸ストレス改善にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です