マグネシウム不足は過労死の原因になりうる

近年、突然死が問題になっています。突然死の原因はさまざまですが、代表的なものはこちらです。

とくに過労死の場合、よく調べてみると、血液中のカルシウムとマグネシウムの比率がバランスを失っていることがわかっています。
つまり、体内では、カルシウムに対しマグネシウムがその半分程度含まれていないと、心不全などの心疾患を起こし、急死することがしばしばあります。

では、マグネシウムはどのようなときに不足するのでしょうか。まず、マグネシウムの摂取不足も原因になりますが、さらに大きい原因はストレスです。ストレスが強くなると、血液中のマグネシウムが尿などに多量に排泄され、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れてきます。

そこで、過労死を防ぐには、まず、ストレスを防止した上でマグネシウムの多い食品を摂取することです。マグネシウムの摂取量は1日に300ミリグラム程度が適量とされていますが、その補給方法については、穀物と魚を多めに摂取するということです。

穀物にはマグネシウムが多く含まれています。とくにフスマなどを挽きこんだグラハムパンのようなものがマグネシウムが多く含まれます。

米もマグネシウムが多いので、毎日穀物を多めにとればマグネシウムは十分摂取できます。日本では以前、穀物をもっと多量に食べていたので、マグネシウム不足はとくに問題になることはありませんでした。

しかし、最近、穀物離れが進んで、こういった問題が出てきました。また、豆腐を凝固させるのに用いるニガリはマグネシウムの化合物ですが、これも今ではニガリを使って豆腐を凝固させるような方法は少なくなりました。

さらに、食塩も、昔は現在のように精製されておらず、ある程度ニガリを含んでいたのでマグネシウム補給に役立ったのですが、現在は、精製塩がほとんどになっています。魚全搬、とくに海の魚には多くのマグネシウムが含まれています。それは海水の中にマグネシウムが多く存在するためです。

最近は魚離れが著しく、昭和45年を境にして、肉と魚の摂取量が逆転しているが、このような状態では、マグネシウム不足が起こりやすいのです。
いずれにしても、穀物や魚といった、以前から日本で日常よく食べられていた食品を日々の食事に取り入れることが、心臓疾患による突然死を防ぐのに大きな意味があるというわけです。

マグネシウムは便秘改善にもとても効果があります。下剤などもマグネシウムが使われているものがあります。
一定以上のマグネシウムがとても大事だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です