体に蓄積されない油(サラダ油とオリーブ油)

最近、オリーブ油は体にいいということで人気の油ですが、オリーブは歴史的にもっとも古くから食べられてきた食品の1つといえるでしょう。最近、人気を集めている健康効果は多々あります。

最近は、酸化しにくい油として人気ですが、ギリシャ・ローマ時代からの天然便秘薬「オリーブオイル」 | 腸をごきげんににもあるように便秘に効くというものです。古くから便秘改善用に使われてきた歴史もあります。

特に古代ギリシャ時代、すでに食用として用いられていました。オリーブ油は地中海沿岸の料理に欠かせないが、健康的な油であるとして、近年日本でも人気が高まってきています。それだけに、その成分がどのようなものであるかです。

オリーブ油の脂肪の構成脂肪酸は、主としてオレイン酸です。オレイン酸は、コレステロールを取り除く働きをする不飽和脂肪酸の一種ですが、不飽和の部分は1ヶ所です。不飽和脂肪酸には、よく知られているリノール酸やDHAなど多くの種類がありますが、オレイン酸のように不飽和の部分が一個というのは他にはほとんど存在しません。

さらに、不飽和脂肪酸でありながら、不飽和の部分が少ないので、酸化しにくいという利点も見逃せません。また、体内に貯蔵されることは少なく、エネルギーとして消費されやすいのです。脂肪酸の中でオレイン酸のような一価不飽和脂肪酸は、パーム油に多いステアリン酸や、肉などに含まれるパルミチン酸のような飽和脂肪酸、リノール酸やDHAなどの多価不飽和脂肪酸、それぞれ1に対して1.5の比率でとるようにと日本人の栄養所要量で指示されています。

飽和脂肪酸は定期預金のように体内に蓄えられ、皮下脂肪などとして貯蔵されるのに対して、多価不飽和脂肪酸は、体内で各種の化学反応にかかわる一方で酸化しやすいため、酸化朋を防止するようなビタミン類をとることが必要です。その点で、不飽和脂肪酸ではあるが、安定していて体内にたまらないオレイン酸のようなものを中心に食べることが望ましいのです。

ところで、オリーブ油が安定していて酸化しにくい証拠として、赤ちゃんの皮膚につけても安全なことがあげられます。もし、赤ちゃんの皮膚にサラダ油などを塗ったとすると、しばらくすると炎症を起こして腫れてきます。

これは、脂肪が酸化して肌を刺激するからです。オリーブ油は酸化しにくいので皮膚に塗っても何も変化はおきません。この酸化しにくい性質は、加熱する際にも安心です。揚げ物などもからりと揚がるし、妙め物をしてもべたつきません。油は加熱すると酸化して粘性を増すものが多いのですが、オレイン酸の多いオリーブ油は、加熱による酸化が起こりにくいのです。なお、揚げ物の場合、200度程度に温度を上げた方がからりと揚がります。

ダイエット時は特に油の選択が重要です。油を味方にする | 太らない食習慣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です