体力がダウンしたときはヨモギが効く

ヨモギは古くから草餅の材料として全国的に用いられてきた野草です。たとえば、田植えの終わった後で、小豆あんが入ったヨモギ団子を食べる地方や、春になるとヨモギの葉を使った草団子や草餅などをつくる地方が多くあります。

ところで、田植えの後にヨモギ団子を食べるのには、それなりの意味があるのです。田植え作業は肉体的にハードで、しかも一時期に集中するため忙しく、十分に食事をとることができません。
そのため田植えの時期には、農家の人は体力的にかなり消耗します。自動田植え機などを使う現代とはくらべものにならないほど労働が激しかったと思われます。

体力を消耗し、しかも十分な栄養が補給できなかった昔、まっ先に不足したのは、各種のビタミン、そして、タンパク質などです。
このとき、よい香りをもつとともに、その成分に各種の有用なものが含まれているヨモギは便利だったのでしょう。
とくに新鮮な野菜を食べられないと、ビタミンAのもとになるベータ・カロチンが不足してくるが、これもヨモギの中に含まれるカロチンによって補給できます。

ビタミンAが不足すると、回虫などの寄生虫が消化器の中で繁殖しやすいといった研究があります。下肥を使用していた時代には、体力が低下したときに回虫などの寄生虫が消化器の中で勢力を得ることがありました。

こういったときに、ヨモギのような駆虫成分を含むものを混ぜた団子を食べることは回虫駆除にも大きな力があったわけです。
沖縄ではヨモギをフーチバーと呼び、年間を通して料理に使用しています。

たとえば、ヤギ一の料理にはヨモギを使いますが、匂い消しとともに毒消しとしても大切なものです。また、フーチバージューシーといってヨモギを加えた雑炊も沖縄の伝統料理の1つです。

さらに、灸をすえる場合に用いるモグサは、ヨモギの薫からつくられます。これはヨモギの葉の裏にある、やわらかい羽毛状の繊維を取り出したものです。このようにヨモギには意外な効果がたくさんあるのです。

ところで、ヨモギはキク科植物である。キク科植物には、いろいろ有用な成分を含むものがたくさんあります。たとえば、以前、蚊取り線香の主材料として用いられていた除虫菊などもキク科植物の一種です。

除虫菊の中にはビレトリンと呼ばれる、蚊に対して防虫、殺虫効果のある成分が含まれています。これをいぶすことで、蚊を除去することができるのです。

そのために、過去には除虫菊が大量に栽培され、それを原料として蚊取り線香が多量につくられていましたた。もっとも、現在ではこのビレトリンは化学合成ができるので、除虫菊の栽培はほとんど行なわれていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です