日本の伝統食「漬け物」は消化を助け、病気を防ぐ

漬物は、日本全国の地域にたくさんの種類があり、日常、食卓には欠かせないものです。最近は、漬け物をたくさん食べる地域の人の血圧が高く「漬け物が原因だ!」という声も聞こえるのですが、実際、食べ過ぎているのでしょう。
食事の時、お茶の時、毎回食べていれば食べ過ぎになり、塩分も過剰になります。

漬け物は、冷蔵庫のない時代から冬場の野菜の補給に大きな役割を果たしてきました。漬物が発酵するとき生じる乳酸菌は、健康に大きな意味があります。
とくに、京都のスグキ菜を清けたスグキ清けや、ナス、シソなどを清けた柴清けは、乳酸発酵を強くした独特の漬け物で、この他にも、各地に乳酸発酵させてつくる漬物は多くあります。

酸は腐敗を防止するので、いたみやすい野菜を保存するのには都合がいいのです。
乳酸は、胃の中に入ると、タンパク質分解酵素であるペプシンの働きを促進する。そのため、タンパク質の多い肉類や豆腐、大豆の煮豆、湯葉などを食べたときなど、皐後に漬物でぉ茶清けを食べると消化を助けることになります。
ペプシンは胃液とともに分泌されますが、そのままでは活性化には至りません。

ところが、酸に会うと活性化されます。そのため、高齢で胃酸の分泌が低下した人などでは、漬物などの強い乳酸が胃に入るとペプシンが活性化して、消化液の働きが改善します。

とくに、ペプシンはタンパク質の消化をするから、タンパク質の多い食事の後で食べる漬物は有用です。酸味の強い漬物は、乳酸の含有量が多く、また乳酸菌も生きている。この乳酸菌は、腸内でさらに増殖し、腸の状態をよくします。

植物性乳酸菌は腸にとって二重丸

乳酸菌が腸内で増殖すると、ビタミンB2やビタミンKといった、体に有用なビタミンを合成してくれるというメリットもあります。ビタミンB2は、食品からとる量以上 に腸内乳酸菌によって合成されたものが利用されています。

しかも、野菜を多くとったときの方が腸内乳酸菌によるビタミンB2合成量が多くなることも確認されています。

このビタミンB2は、一生を通じて十分にとっていると健康や長寿を保持されることは周知のとおりです。野菜好きが健康であるというのも、このあたりに理由があるようです。

さらに、乳酸菌が腸内で勢力をもっているときには、発ガン物質が腐敗菌によってつくられるのを防止してくれるという働きもある乳酸菌が乳酸を生産し、腸内が酸性になることと、漬物の材料である野菜のビタミンCが発ガン物質の生成を防止するだけでなく、その毒性も消す働きがあるのです。

それに、野菜のもつ繊維は、発ガン物質ができた場合でも、それを吸着して、体内に吸収するのを防ぐ効果もあり、やはりこれもガン防止に役立つということです。
年中、漬物を楽しむ日本の食習慣は素晴らしいものであるといえるでしょう。ただし、これは乳酸発酵させた漬物に限ります。そして食べ過ぎには十分注意しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です