汗をかいたあとにはハトムギ茶でカリウムを補給

汗をかくと、塩分(塩化ナトリウム)が体内から排泄されますが、それと同時に汗とともにカリウムが多量に排出されてしまいます。

汗を多量にかいた後、塩分を補給しても体がなかなかしゃんとしないのは、発汗の際に出ていったカリウムが十分に元に戻らないからです。

カリウムが不足すると、体の力が抜けたような感じがすると同時に、さらにそれが進展すると意識がもうろうとしてきて、極端な場合には命にかかわることがあります。
これは低カリウム血症と呼ばれている。とくに運動などをして多量に発汗した場合は、カリウムの補給を急速に行なわないと、ぐったりとした状態からなかなか元に戻すことはできなくなります。

ところで、食事で減塩している人の汗からは、あまり塩分は出ていきません。一方、多量に塩分の多い食事をしている場合には、汗を多くかくと、皮膚の表面に塩分の結晶が出るほど出ていきます。ところが、カリウムの方は摂取量に関係なく、汗の量だけ排出されていきます。

どんな人の場合もカリウム不足は非常に起こりやすいのです。カリウムは、野菜、果物全般に多い。もっとも、激しい運動をしたり、暑いさなかに体を激しく動かしたりした場合などは、野菜や果物などの固形物はなかなか喉を通りにくいでしょう。できればサラサラした液体の方がとりやすいものです。
しかも、液体なら失った水分も十分に補給できて一石二鳥です。

そうしたカリウムと水分を簡単に補給できるものとして、ハト麦茶があげられる。ハト麦はカリウムの多い食品であるが、そのままだと使いにくい印象があります。そこで、ハト麦茶なら手軽にカリウム補給できるのである。

減塩していてもなかなか血圧が下がらない場合がある。これもカリウムの補給が十分ではないために、尿とともに塩分が十分に排泄されないことが原因です。

必須ミネラル「カリウム」 | 血圧対策

塩分はカリウムが尿から排泄されるとき、それに伴って多く出ていきます。したがって、カリウムの多いハト麦茶のようなものを十分飲めば、尿の排泄も多くなるとともに、体内にたまっている余分のナトリウムを排泄できるのです。

ハト麦茶の他にカリウムの多い飲物としては、グレープフルーツジュースや、オレンジジュースなどがあります。グレープフルーツジュースは糖分が少ないので、飲んでも肥満につながりにくいのでおすすめです。オレンジジュースは糖分がかなり多いので、多量に飲むと肥満につながる恐れがあるから程々にしておいた方がよい。

この他、メロンもカリウムを抜群に多く含む食品である。値段に関係なく、どの種類のメロンでもカリウムは多いし、比較的水分も多いので、おすすめです。ただし、こちらも糖分が多いので、食べすぎには気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です