酒飲みの肝臓強化には、牛乳、乳製品も忘れない

レバーだけではなく、良質のタンパク質や各種ビタミンを豊富に含み、肝臓の強化に大いに役立ってくれる食品があります。

それは、牛乳、そしてチーズやヨーグルト、スキムミルクなどの乳製品です。どれも身近な食品であるにもかかわらず、肝臓強化に役立つことを知らない人が多いのも残念です。

どんな点が肝臓にいいのか、まずは牛乳から見てみましょう。もともと牛乳は、五大栄養素、すなわちタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンをバランスよく含むすぐれた栄養食品として知られています。それらの中でも、肝臓強化の面でとりわけ注目したいのはタンパク質とビタミンです。
牛乳のタンパク質は、肝臓に必要な必須アミノ酸のすべてを含んだたいへん質のよいものです。ビタミンについても、C以外のすべてのビタミンがまんべんなく含まれています。特に豊富なのはビタミンB2とAで、これらには肝臓の働きをよくする作用があります。

ちなみに、1日に牛乳びん1本分(200ml) を飲むと、タンパク質は1日に必要な量のおよそ10分の1がとれます。同様に、ビタミンB2は1日の必要量の4分の1強、ビタミンAは8分の1程度を摂取すとることができるのです。肝臓強化をはかるなら、肉や魚、卵などほかのタンパク質食品をとると同時に、牛乳も少なくともl日に200ccはとることをおすすめします。さて、牛乳から作られる乳製品にも、もちろん、牛乳と同じ栄養効果があります。中には牛乳以上にすぐれた面を持つものさえあるので、見のがすわけにはいきません。

  • チーズ
    牛乳を乳酸菌や酵素の働きで固めて水分を除いたもので、プロセスチーズ1箱(225g)を作るのに、牛乳13本が使われるといわれ、タンパク質(それも良質なもの)などの五大栄養素が、濃縮された形で含まれています。特筆したいのは、そのタンパク質の消化吸収率で、なんと98%というすばらしさです。これは、タンパク質が発酵の途中で分解されて、半ば消化された形になっているためです。
  • ヨーグルト
    「長寿のもと」といわれるヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させて作ったものです。乳酸菌の働きで乳糖の一部が分解されているため、牛乳を飲むと下痢をする人も心配せずに食べることができます。
    ヨーグルトに甘味を入れるならオリゴ糖を
  • スキムミルク(脱脂粉乳)
    牛乳から脂肪分を除いて乾燥したものです。牛乳とあまり変わらない栄養成分で、エネルギーの低いのが特徴。太りすぎで脂肪や糖質を控えなければならない人には、最適の食品です。

こうして見直してみると、牛乳や乳製品のすばらしさがよくおわかりいただけたと思います。料理に使ってよし、そのままでもよし、毎日の食事にはもちろん、お酒のおつまみにもじょうずに利用して、肝臓強化に大いに役立てたいものです。
肝臓を元気にするための知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です