ガンを予防するタンニンが多く含まれるお茶

緑茶、赤ワイン、それにゴボウなどの根菜類はガン予防に役立ちます。これは、タンニン系の物質による効能、効果です。タンニン系の物質は、とくに大腸ガンなどの抑制効果が大きく注目されています。

このタンニン系の物質は、含まれる食品によって形態が違っていますが、広い意味でタンニン系の物質は、すべてガンの抑制効果に大きな力を発揮するといわれています。

お茶の中では、緑茶がもっとも大きなガン防止作用が強力です。緑茶の中のタンニン系物質であるカテキンは、いわゆる茶の渋味成分である。緑茶を浸出すると、かなりの量のカテキンが抽出されますが、もっと多量のカテキンを利用するためには、緑茶そのものを食べることです。
コレラO157、インフルエンザにも効くカテキンの強力な作用

その点、抹茶などは、茶葉そのものを摂取しますが、通常の緑茶でも料理に使うなどして利用することができます。料理に加えるには抹茶が使いやすい点がメリットです。
抹茶ミルクや揚げ物の衣など、工夫すればいろいろあります。また、抹茶以外では、茶飯にしたり、かき揚げの衣に茶葉を入れたりしてもよいし、加工品では茶ソバもあります。

また、カテキンは、投与された抗ガン剤の副作用を抑制する効用にも期待されます。ただし、緑茶はカフェインも多いので、あまり多量にとると興奮作用が高じて、不眠になったり、動悸が激しくなるなどの問題があります。

しかし、緑茶の種類を選べば、カフェインのとりすぎをかなり抑えることができるでしょう。通常、日本の緑茶は、茶葉を摘みとって短時間のうちに蒸し、それを茶に仕上げるが、この蒸す工程を一部の地域では、中国茶と同じように釜妙りで行なうところがあります。

たとえば、福岡県の八女や佐賀県の嬉野の茶です。釜で妙ることによって300度近い高温にさらされるので、カフェインはかなりの量が分解されてしまいます。

したがって、釜で妙ってつくった緑茶は、カフェインの含有量が少なく、また、そのまま食べても香ばしくおいしいです。緑茶にくらべて、中国茶や紅茶は、タンニン系物質の効力がいくらか衰えます。
これも製茶の方法によるものとも考えられます。

中国茶の中でも代表的なウ一口ン茶は、摘みとった後、茶贋の中に含まれる酵素によってタンニンをある程度酸化させた後、釜で妙って製茶します。

なお、緑茶にはビタミンC が多量に含まれています。ビタミンCも腸内における発ガン物質生成を防止する働きがあります。ただし、浸出した場合にはビタミンCはあまり出てこないので、茶葉を食べる方法が一番おすすめです。

汗をかいたあとにはハトムギ茶でカリウムを補給

汗をかくと、塩分(塩化ナトリウム)が体内から排泄されますが、それと同時に汗とともにカリウムが多量に排出されてしまいます。

汗を多量にかいた後、塩分を補給しても体がなかなかしゃんとしないのは、発汗の際に出ていったカリウムが十分に元に戻らないからです。

カリウムが不足すると、体の力が抜けたような感じがすると同時に、さらにそれが進展すると意識がもうろうとしてきて、極端な場合には命にかかわることがあります。
これは低カリウム血症と呼ばれている。とくに運動などをして多量に発汗した場合は、カリウムの補給を急速に行なわないと、ぐったりとした状態からなかなか元に戻すことはできなくなります。

ところで、食事で減塩している人の汗からは、あまり塩分は出ていきません。一方、多量に塩分の多い食事をしている場合には、汗を多くかくと、皮膚の表面に塩分の結晶が出るほど出ていきます。ところが、カリウムの方は摂取量に関係なく、汗の量だけ排出されていきます。

どんな人の場合もカリウム不足は非常に起こりやすいのです。カリウムは、野菜、果物全般に多い。もっとも、激しい運動をしたり、暑いさなかに体を激しく動かしたりした場合などは、野菜や果物などの固形物はなかなか喉を通りにくいでしょう。できればサラサラした液体の方がとりやすいものです。
しかも、液体なら失った水分も十分に補給できて一石二鳥です。

そうしたカリウムと水分を簡単に補給できるものとして、ハト麦茶があげられる。ハト麦はカリウムの多い食品であるが、そのままだと使いにくい印象があります。そこで、ハト麦茶なら手軽にカリウム補給できるのである。

減塩していてもなかなか血圧が下がらない場合がある。これもカリウムの補給が十分ではないために、尿とともに塩分が十分に排泄されないことが原因です。

必須ミネラル「カリウム」 | 血圧対策

塩分はカリウムが尿から排泄されるとき、それに伴って多く出ていきます。したがって、カリウムの多いハト麦茶のようなものを十分飲めば、尿の排泄も多くなるとともに、体内にたまっている余分のナトリウムを排泄できるのです。

ハト麦茶の他にカリウムの多い飲物としては、グレープフルーツジュースや、オレンジジュースなどがあります。グレープフルーツジュースは糖分が少ないので、飲んでも肥満につながりにくいのでおすすめです。オレンジジュースは糖分がかなり多いので、多量に飲むと肥満につながる恐れがあるから程々にしておいた方がよい。

この他、メロンもカリウムを抜群に多く含む食品である。値段に関係なく、どの種類のメロンでもカリウムは多いし、比較的水分も多いので、おすすめです。ただし、こちらも糖分が多いので、食べすぎには気をつけます。

これだと骨のカルシウムがどんどん減ってしまう

デスクワークの人、事務職の人でも、日常生活を健康に送るためには、筋肉が十分発達している体をつくっておくということは大切なことです。

筋肉が十分にあるということは健康に対してプラスである一方、余分に脂肪が蓄えられることは健康に対してマイナスであり、体内に貯蔵される脂肪分は体重の30% 以内が適当とされています。

ところで、筋肉をつける必要のある場合、タンパク質の補給が必ず必要になるが、この場合、どのようなタンパク質を十分にとればよいか、ということになります。

なぜなら、肉、牛乳、卵といった動物性のタンパク質を必要以上に多くとった場合、骨組織からカルシウムが抜け出てしまうことがわかってきました。つまり、筋肉増強のために余分のタンパク質をとる場合、動物性のタンパク質を多くとると、カルシウム不足になって骨折しやすくなってしまうのです。これはスポーツをする人にとっては致命的です。

では、どのようなタンパク質なら大丈夫なのでしょうか。それは植物性のタンパク質です。植物性のタンパク質源としては、大豆、小麦などがあります。これらは多くとっても骨からカルシウムが抜け出すことはありません。その理由は、含まれているアミノ酸の種類によることがわかってきました。

動物性のタンパク質には硫黄を含んだアミノ酸が多く含まれているので、これの過剰摂取によってカルシウムが骨から抜け出しやすくなることが分かったのです。それに対し、植物性タンパク質には硫黄を含んだアミノ酸は比較的少量です。そのため、植物性タンパク質を多くとれば、筋肉は増強されますが、骨からカルシウムが抜けるということは防げるというわけです。

マウスを使って自由にタンパク質を摂取させる実験をすると、ネズミはある程度までは動物性のタンパク質を食べるが、十分に摂取した後では、動物性タンパク質には見向きもせず、植物性タンパク質を選んで食べるようになります。つまり、本能的に、そのバランスを心得ているということです。
肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ

中華料理は脂肪が少なめ?

日本は、第二次世界大戦後、急速に油の使用量が増加し、脂肪の摂取量も急増してきました。それとともに、ガンや心臓病、成人病など生活習慣病が増加するようになってしまいました。

たとえば、糖尿病患者は、現在、人口の1割存在し、しかも、その潜在的な予備軍、つまり、食事後の血糖値の下がり方が少ない人が2割もいるのです。

その原因はいろいろな要因が考えられますが、脂肪の摂取量とも大きく関係しています。ところで、日本人の脂肪摂取量を、中国料理が主に食べられている香港とくらべてみると、香港は日本と同じか、あるいは少し下回る程度にすぎないのです。

中国料理は油をつかうものが多いはずなのに、これは、どういうことでしょうか。それはおそらく調理のしかたに原因があると推定することができます。

一般に、本格派中国料理での、油で妙める場合の調理法を見ると、材料を強火でさっと油通しし、これを油切りの上にあけてしっかりと油を切ります。また、材料によっては、油で軽く妙めた後、湯を加えてさっと茄で、それを油切りの上に移して、油を多量に溶かした湯ごと切ってしまうのです。

この方法では、余分な油はすべて分離されてしまいます。つまり、材料を油処理しても、食べるとき、材料に付着している油は非常にわずかなのです。

一方、日本式の中国料理の調理方法では、油をたっぶり入れた鍋で材料を妙め、そのまま皿に盛りつけてしまいます。つまり、使用した油はすべて料理の中に入ってしまうことになります。

このように、油通しと油妙めとでは、油の摂取量に大きな差が生じます。ここから、香港よりも日本の方が、わずかといえども脂肪摂取量が多いという結果につながったものと見て間違いないでしょう。

油通しだけなら火を通す時間が短いので栄養分の損失は少ないし、風味もよいので食欲も増進します。日本の油使用の歴史は浅いのです。とくに、食用油の使用量は大変少なく、油妙めといった概念は過去にはなかったものです。

急速に油を使った料理が普及した背景には、油の摂取が栄養向上につながるという考え方もあったようです。そこで短絡して、油で妙めれば、何より調理が手軽である上に、どんなものでも栄養素の利用がよくなるといった誤信があったようです。いずれにしても油のとりすぎから身を守るためには、中国料理の手法をもっと学ぶ必要がありそうです。

肉を食べたときに消化を助ける果物

タンパク質は体をつくるのに欠かせない栄養素なので、これをしっかりとることが健康を保つのに必須ですが、それが有効に生かされるには、効率的に消化されなければ意味がありません。どんなにたくさんのたんぱく質をとっても吸収されないのなら食べていないのと同じです。ところが、タンパク質は、消化に比較的時間がかかる栄養素なのです。

というのも、穀物などのデンプンは、よく噛むことで、唾液の中にあるアミラーゼと呼ば了れるデンプン分解酵素の働きで口中にある間に消化が始まり、吸収されやすい糖類の状態に変化します。

しかし、タンパク質の場合は、口中では消化されません。タンパク質は胃に入って初めてペプシンと呼ばれるタンパク質分解酵素によって分解され、さらに腸に送られてから吸収される。消化のため、胃に滞留している時間も比較的長くなります。

したがって強力なタンパク質分解酵素を含む果物をデザートに食べれば、消化が促進されます。この酵素をもっているのは、主として南方の果物です、パパイア、キウイ、パイナップル、それにイチジクなどです。

パパイアの酵素は肉の軟化剤のパパインとして使用されますが、パパインはかなり強力なので、作用時間が長いと、肉のタンパク質が分解されてべたべたした感じになります。

こうなってしまうと味も落ちてしまうので、肉がおいしく食べられる程度に酵素が作用するように加減が必要なほど強い酵素です。
通常はあまり強く作用しすぎないように、デンプンなどで薄めます。パパイアほどではないのですが、キウイ、パイナップル、イチジクの酵素の力も相当に強力です。
ゼラチンゼリーをつくるとき、これらの果物を生のままゼラチン液に加えると、ゼラチンが分解されてしまい、固まらなくなってしまいます。これはゼラチンが、コラーゲンというタンパク質からできているためです。

このように強力なタンパク質分解酵素であるが、有効なのは、あくまでも生の状態だけで、たとえば、パイナップルの缶詰を使用した場合はゼラチンゼリーは固まります。

これは、缶詰の果物は加熱殺菌してあるため、熟によって酵素が不活性になるからです、つまり働かなくなってしまうからです。ところで、こんな強力な酵素が生のまま胃に入って大丈夫だろうかと心配する人がいるかも知れませんが、その点は心配無用です。

というのは、胃の粘膜には、このような酵素を作用させない防御の働きがあります。一般に、生態には防御反応があるので、自然の酵素の力が生きている組織を侵すことはないのです。

このような、生の果物の酵素の働きをうまく利用することは、タンパク質の利用を高める上で賢明です。

レバニラ妙めでスタミナつくのは

代表的なスタミナ料理として、レバニラ妙めをイメージする人も多いでしょう。単品の食材としてはやっぱりニンニクでしょうか?

実際、ニラ、レバーともビタミンの宝庫です。とくに、ニラのもつネギ類特有の臭みの強い成分とレバーに多いビタミンB1が結合し、非常に吸収されやすい形の物質が形成されます。
これが疲れをとり、スタミナをつけるには非常に有効です。また、両方に共通して多いのはビタミンAで、ニラの方はベータ・カロチンの形で、レバーの方はレチノールと呼ばれるビタミンAの形で豊富に含まれます。

ビタミンA は、非常に大事なビタミンで、とくに粘膜を保護し、また、体内で過剰にできるとガンなどの原因となる活性酸素に対し、それを抑え込む力をもっています。
だから、ビタミンA は、常に意識してたっぷり摂りたいビタミンです。

とくに、冬の寒い時期や夏の栄養状態が悪くなるときなどはビタミンAが不足しがちになり、その結果、粘膜保護力が低下し、風邪をひくと治りにくいため、積極的に摂るようにします。

ビタミンAは目に対しても大きな力を持っています。突然暗い部屋に入ったとき、目が慣れて周辺の状況が見えるようになるまでにいくらか時間がかかりますが、この時間はビタミンAが体内に十分あるかどうかで、大きく左右されます。

ビタミンA が不足していると、暗闇で、目がなかなか慣れない。これを暗調応が悪いといいます。とくに自動車を運転するような場合、ビタミンAの不足は目の疲れを早くするだけではなく、トンネルなどに入ったときに目が慣れにくいとか、あるいは夕暮れどきに十分に見通しがきかなくなるなどの危険があります。だから、ドライバーはレバニラ妙めなどをときどき食べて、ビタミンA の補給を怠らないようにしましょう。

都合のよいことに、ビタミンA は、肝臓で貯蔵できます。したがって、週に1回食べる程度でも十分に体内で保持できますこの点は、体内保持ができないので毎日補給しなければならない水溶性のビタミンBやCと大きく違うところです。

お好み焼きはバランスが整っている

お好み焼きは、材料や焼き方に、地域によりかなりの違いがあります。地方特有の特徴がでやすいものです。中でも広島焼きは、せん切りキャベツ、モヤシ、干しエビ、イカ、豚肉などを入れた上に、中華ソバやうどんを加えるため、かなりボリュームがあります。

お好み焼きの基本的な材料は、肉あるいは魚介類にたくさんの量のキャベツ、卵、小麦粉などですが、実は、栄養的に大変バランスがとれた料理なのです。
まず、タンパク質が豊富です。肉や魚介類に卵が加わると、タンパク質が増加するだけでなく、卵の良質なタンパク質が他のタンパク質の価値を、より高めるというメリットがあります。
タンパク質は、体力を増し、免疫力を高めますので、健康には必要欠くことのできない栄養成分です。しかも、タンパク質は体内でつくれないので、食物からとる以外、補給することができません。

したがって、不足しないように、より効率的にとることを心がけるのは、健康にとって非常に大切です。また、今、若い人の野菜離れが問題になっているが、その点でもお好み焼きは理に適った料理といえよう。ビタミン類やミネラルだけでなく、さらに、食物繊維の大きな供給源にもなる。というのは、お好み焼きにはキャベツがふんだんに入るし、それに、ソースの上にかけるかつお節や青海首の栄養も無視できないでしょう。

青海苔は鉄分が豊富で、食物繊維もある。たっぶり使用すれば、よい栄養補給になります。また、かつお節もカルシウムが豊富です。
日本の食事では不足しがちなカルシウムが補えてしまいます。さらに、お好み焼きのよい点は、目の前でつくった焼きたての熱々を食べられるという点です。見た目にも食欲がわきます。食べ物はできたてほどおいしいのは言うまでもありません。

料理が仕上がり皿に盛られる間にも、風味はどんどん失われてしまいます。それだけに、できるだけ熱々の料理を口に入れることがおいしく食べられるポイントです。なお、お好み焼きは、江戸時代、女性たちの遊びの料理であったといわれています。それが明治になり、一銭洋食として子どもに人気が出たのですが、やがて、安くて栄養があり、お腹も膨れるというので、大阪を中心に普及しました。

とくに第二次大戦後、卵などがかなり安く手に入るようになって急速に広まりました。栄養面だけでなく、家族や仲間の団欒にも役立ち、いろいろの点で素晴らしいお好み焼きを、日常もっと取り入れるのもいいでしょう。

肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ

豆腐をいったん凍結→解凍→乾燥という工程の凍り豆腐は、関東では高野豆腐とも呼ばれ、東北地方や信州ではしみ豆腐などと呼ばれています。

自然に凍らせたものと人工的に凍らせたものとは、味にはいくらか差がありますが、いずれもタンパク質についてはさほど大きな違いはありません。

凍り豆腐には乾燥した状態のもので100グラム中に50グラムものタンパク質が含まれます。見かけの量が少なくても、これだけたくさんのタンパク質がとれる食品はそれほどありません。

しかも凍り豆腐に含まれる大豆タンパクは、植物性タンパク質の中でも栄養的に優れています。動物性タンパク質のようにたくさん食べた後に胃がもたれてしまうというようなこともありません。

仏道修行中の憎が食べる精進料理にはまったく動物性の食品は入ってこないが、それでも僧たちが健康に過ごせるのは、大豆と大豆製品のお陰です。しかも、保存がきくから、昔、タンパク質系の食品が手に入らなかったときも、凍り豆腐を常備しておけばタンパク質の補給ができたのです。

実際、高野山で盛んに凍り豆腐がつくられていた名残として、高野豆腐の名があるります。タンパク質は、スタミナの元です。タンパク質を多くとれば、新陳代謝が高まり、体からの発熱量も増えます。

エネルギーが体から多く出てくるから、それだけ体を活発に動かすことができます。また、体温も上昇するから、エアコンなどがきいて少々寒い部屋に長くいても体が冷え切ってしまうのを防ぎます。

よくエアコンを使い始める梅雨どきに、体が冷えて自律神経失調症などを起こしやすいのですが、こういったこともタンパク質を十分にとっていれば防げます。

ところで、凍り豆腐は調理がめんどうだと敬遠する人もいますが、簡単に料理できます。戻すのも簡単です。メーカーによって戻し時間が違うので、包装に書いてある通りに水かぬるま湯で戻します。

味は、だしを強くきかせ、醤油と砂糖などで薄味に仕上げる定番の作り方がおすすめです。

これは温かいうちに食べるのが一般的ですが、冷蔵庫で一晩冷やしておくと、熱い夏の朝など、食欲が減退しているときのタンパク質補給に最適です。

大豆にはもともとカルシウムが多く含まれているので、当然豆腐もカルシウムの供給源となります。豆腐の凝固材としで使われているカルシウム塩類は栄養的に利用できないものが多いのですが、大豆から摂取できるカルシウムだけでもかなり多く摂れます。凍り豆腐はあきるというなら、凍り豆腐の煮物の仕上げに溶き卵をからませると、目先が変わって、良質なタンパク質をもつ卵を加えることで、栄養的にもますます優れた食べ物になります。

体力がダウンしたときはヨモギが効く

ヨモギは古くから草餅の材料として全国的に用いられてきた野草です。たとえば、田植えの終わった後で、小豆あんが入ったヨモギ団子を食べる地方や、春になるとヨモギの葉を使った草団子や草餅などをつくる地方が多くあります。

ところで、田植えの後にヨモギ団子を食べるのには、それなりの意味があるのです。田植え作業は肉体的にハードで、しかも一時期に集中するため忙しく、十分に食事をとることができません。
そのため田植えの時期には、農家の人は体力的にかなり消耗します。自動田植え機などを使う現代とはくらべものにならないほど労働が激しかったと思われます。

体力を消耗し、しかも十分な栄養が補給できなかった昔、まっ先に不足したのは、各種のビタミン、そして、タンパク質などです。
このとき、よい香りをもつとともに、その成分に各種の有用なものが含まれているヨモギは便利だったのでしょう。
とくに新鮮な野菜を食べられないと、ビタミンAのもとになるベータ・カロチンが不足してくるが、これもヨモギの中に含まれるカロチンによって補給できます。

ビタミンAが不足すると、回虫などの寄生虫が消化器の中で繁殖しやすいといった研究があります。下肥を使用していた時代には、体力が低下したときに回虫などの寄生虫が消化器の中で勢力を得ることがありました。

こういったときに、ヨモギのような駆虫成分を含むものを混ぜた団子を食べることは回虫駆除にも大きな力があったわけです。
沖縄ではヨモギをフーチバーと呼び、年間を通して料理に使用しています。

たとえば、ヤギ一の料理にはヨモギを使いますが、匂い消しとともに毒消しとしても大切なものです。また、フーチバージューシーといってヨモギを加えた雑炊も沖縄の伝統料理の1つです。

さらに、灸をすえる場合に用いるモグサは、ヨモギの薫からつくられます。これはヨモギの葉の裏にある、やわらかい羽毛状の繊維を取り出したものです。このようにヨモギには意外な効果がたくさんあるのです。

ところで、ヨモギはキク科植物である。キク科植物には、いろいろ有用な成分を含むものがたくさんあります。たとえば、以前、蚊取り線香の主材料として用いられていた除虫菊などもキク科植物の一種です。

除虫菊の中にはビレトリンと呼ばれる、蚊に対して防虫、殺虫効果のある成分が含まれています。これをいぶすことで、蚊を除去することができるのです。

そのために、過去には除虫菊が大量に栽培され、それを原料として蚊取り線香が多量につくられていましたた。もっとも、現在ではこのビレトリンは化学合成ができるので、除虫菊の栽培はほとんど行なわれていません。

肉とたまねぎの組み合わせがいい理由

肉をたくさん食べるときは同時にタマネギも一緒にたくさん食べるとよいといわれてますがが、なぜでしょうか?タマネギには特有の強い刺激臭があるため、みじん切りにすると、涙が出てきます。

実は、この刺激性の成分の中に有用な物質がたっぷり含まれているのです。

この刺激性の成分は硫黄を含む化合物なのだが、これがビタミンB1と結合すると、体内で非常に吸収されやすく、また、体内での保持もよい物質に変化します。

したがって、夏の暑い時期にタマネギを加えたカレーライスなどがスタミナプラスに役立つといわれるのには根拠があるのです。さらに、肉とタマネギを一緒に食べると心臓病の予防にもなります。

血液が血管の中で固まって血栓をつくると、心筋梗塞や脳梗塞の原因となりますが、この血栓をつくる犯人は血小板と呼ばれる血液中の成分です。

血小板は血液を凝固させる働きがあります。だからたとえば、ケガをして出血した場合、血小板が働いて傷口の血液を固め、多量の出血を防止します。

ところが、この血小板が、必要でないときに血管内で固まると血栓ができてしまいます。血管中に血栓ができると、それより先には血液が流れません。
したがって、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。

ところで、この血栓の生成を促進する物質と、防止する物質があります。不要な血栓を防止するためには、この血小板凝集作用を抑制するような働きをもったものを普段から食べているとよいわけです。

まず、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる物質としては、アラキドン酸という脂肪酸があります。アラキドン酸は血小板を凝集する強い働きをもっています。そして、これが血栓をつくってしまいます。

アラキドン酸は動物性の脂肪に含まれている脂肪酸で、牛肉、鶏肉などに多く含まれます。豚肉にはこれが少ないのですが、一般的に肉類にはアラキドン酸が多いと考えてよいでしょう。

ただし、植物性の脂肪に含まれるリノール酸も油断ならない。人間も動物であるために、リノール酸を多食すると体内でアラキドン酸に変化し、血栓の原因になりやすいからです。

一方、この血小板の凝集作用を抑制する物質もあります。その代表的なものに、DH A(ドコサヘキサエン酸)がありまする。これは魚の脂肪を構成している物質である。血栓の予防にEPA・DHA
このDHA以外で強い凝集抑制作用をもっているのがタマネギです。とくに、目を刺激し、涙を出させるような成分が多いタマネギほど凝集作用が抑制されるのです。