冷え性、スタミナ不足に効果抜群の薬用人参、効きすぎは…

薬用人参は強壮に抜群の効果があるとされ、昔から珍重されてきました。人参エキス、人参茶、干したものを料理に使用するといった具合に、使い方もさまざまです。
高価なのは、栽培に長い年月を要するためである。江戸時代には各地で栽培されるようになりました。

薬用人参の有効成分は、サポニンです。サポニンは、含まれる食材によって種類が異なり、人参、甘辛、大豆、小豆のものなど、みな違いがあり、それぞれ特有の作用をもっているのが特徴です。

薬用人参のサポニン類には、研究の結果、興奮と鎮静という相反する作用をもつ物質が含まれていることが確認されています。その1つの例として、薬用人参のサポニンには血圧を上げる作用があるが、いくつかの薬草を配合してつくった薬方薬には、配合のしかたによって血圧を下げるためのものとして働くことがあります。

このような点が漢方の興味深いところで、単独で用いるか、他の成分と配合するかで、まるで異なる効果が現れるのです。
用い方しだいでプラスにもなればマイナスにもなるし、とくに単独で用いる場合、はっきりとマイナスが出ることがあるので注意が必要です。

また、プラス作用があっても、すべての人に対して同じように効くわけではありません。薬用人参でいえば冷え性の人や気力のない人には、体力をつけるのに有用に働きます。

しかし、スタミナがありばりばり仕事をしているような人には、精がつきすぎて逆に気分が悪くなるといったようにマイナスに働いてしまいます。

薬用人参は、確かに有用な成分をもっているのですが、自分に合っているかどうかを確かめながら、少しずつ試して用いるのがよい方法です。
体に合う場合には、これをい続けることはプラスですが、口にするとどうも体調がよくない感じがするという人は用いない方がよいでしょう。

このように、食品ですが、一方で薬用として、薬局方に指定されているようなものは、他の人に効くからといって鵜呑みにするのではなく、自分に合っているかどうかを試しながら利用することが大前提です。

薬用人参ほどではないが、ニンニクなども人によっては食べると気分がすっきりしないという場合があります。また、コーヒーや紅茶、高級な緑茶などを飲むと、胸がどきどきして気分が不快になるのなども、カフェインが合わないためです。自分自身で確かめながら最初は、少量を利用するのがいいでしょう。

徳川の時代にも重宝されたクコの滋養強壮効果

クコの果実はクコシ(杓紀子)といい、料理などにはこれを干したものを使うことが多いものです。クコシは、特有の甘味と穏やかな酸味があり、料理に加えてもなかなかよい味です。

クコは、もともとは日本でも自生していたが、いつの間にか消え失せてしまったようで、今ではなかなかお目にかかれません。現在、市販されているクコシは、中国から輸入されたものが大部分です。

クコシは千年以上も漢方薬の1つとして使われてきて、何ら副作用がないというのも安心です。中国最古の薬物書である「神農本草経」では、クコはもっとも優れたものとされている。成分としては、ベタインが注目されています。
ベタインは、アミノ酸の化合物で、広く植物体に分布するものであるが、クコにはとくに、それが多く含まれます。
ベタインは、肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きが強力です。

また、血管を強くするともいわれている。クコシは中国では、薬膳料理にしばしば使われ、とりわけ豚肉とよくマッチして風味がよくなるので、豚肉の煮込み料理などに用いられます。
また、クコシを焼酎に清けて、クコ洒もつくられる。梅酒とはまた違った、風味のよいリキュールになります。さらに、クコの葉や根も健康によいと利用されてきました。

とくに、葉を米飯に炊き込んだクコ飯などは健胃の作用があります。クコの愛用者として歴史的に有名なのは徳川家康。家康は、健康に非常に気をつかっていて、食べ物にも強い関心がありました。

他に、中国で愛用されてきた食品の1つにサンザシがある。サンザシの実は、利尿、血圧を下げるなどの効用があるといわれますが、このようなものは、長く日常の食生活で用いることで、少しずつプラスになるものが多いようです。歴史的に長く言い伝えられてきた効用は、何らかの根拠があるものが多いのです。こうしたものは、安心して使えます。

塩分が多かったかな?というときの自己チェック法はトマトジュースを飲んでみる

高血圧は万病の元といってもよいくらい、成人病の原因になりやすい重大な症状です。

その高血圧を防ぐには、まず、食塩の摂取量を控えることが第一です。

日本の場合、厚1日の食塩舶摂取量を10グラム以下に抑えるように指導していますが、できれば8グラム以下が望ましいでしょう。11日5グラムが世界基準です。

しかし、料理を薄味にしたからといって、目的の食塩摂取量が達成されているかどうかはなかなか判断しにくいのです。というのも、みそ汁を薄味にしたので、つい、油断して今までより何倍も飲んでしまったということになると、今までよりもさらに多量の塩分をとってしまうことになります。減塩のつもりが逆効果になってしまうこともあります。
塩味を薄くしてたくさん食べてしまえば減塩にはなりません。

減塩は味つけよりも量でした方がいいのは、塩分を2分の1に減らしたみそ汁は飲めたものではないが、量を2分の1にするのは簡単だからです。

そこでチェックの方法ですが、もっとも簡単なのは、空腹時に塩が添加された缶入りトマトジュースを一口飲んでみることです。このときに、はっきりと塩味が感じられたら、目標の8グラム以下の食塩摂取量は達成されていると見て間違いないでしょう。

ところが、塩味を感じないで、ちょうどいい味だなどと感じた場合には1日に10グラム以上の塩分をとっていることになります。

さらに、もっと食塩を加えないと酸味が気になって飲めない人は、1日に20グラム以上の塩分をとっているということです。こういう人はもっと減塩に努める必要があります。

ところで減塩の方法ですが、まず、汁ものの量を減らすことです。ラーメンなどの汁を全部飲んでしまったりすると、それだけで1日分に近い塩分をとってしまうことになります。スープなどは、器を小ぶりのものにするだけで塩分の量は減ります。麺類は、汁麺にするよりも、つけ麺にし、つけるつゆの量を控えめにすればかなり減塩できます。

それから、料理にやたらにしょうゆやソースをかけないことです。小皿に少量のしょうやソースをとり、これを料理に少量ずつつけて食べると、塩分摂取量はかなり減ります。

野菜のお浸しなどは、削り節をたっぶりかけて、それに酢をかけるとしょうゆなしでも食べられます。削り節をまぶすようにして食べれば、調味料なしでも結構おいしく食べられます。お浸しそのものの味がよくわかるようになります。

煮魚や野菜の煮付けも、できるだけ汁を切るようにした方がいいでしょう。それだけでも塩分の摂取量は大幅に減少します。とにかく、高血圧対策は減塩に限るとさえいわれているほどです。

世界保健機構では、1日の食塩摂取量は5グラム以下、できれば3グラムでもいいといっています。しかし、これだけに抑えることは日本人の食生活では少々無理であるから、無理のない程度の減塩生活をしたいものです。

減塩を成功させる5原則が減塩への一番の近道です。

ステーキのあとの水分補給が必要な理由

栄養素の中では、エネルギーをつくるカロリー源と、体をつくるタンパク質の2つが生命保持の基本的な要素です。タンパク質は体をつくる重要な成分です。

生きていく上に最低限必要なエネルギーである基礎代謝は、通常、成人であれば、1日1100キロカロリー程度必要でするが、タンパク質のとり方が少ないと、この基礎代謝が低下してきます。
基礎代謝が下がれば、活動するためのエネルギーの発生も下がるわけで、活力は低下します。

反対にタンパク質を十分とれば、基礎代謝が1がり、体温も上昇します。体温が上がれば、それだけエネルギーが多く体から発散しているということですから、熱だけでなく、体を動かすためのエネルギーにも余裕ができます。

そして、余分に発生するエネルギーによって体を活発に動かしやすくなります。たとえば、久しぶりにステーキを食べたり中国料理を食べたりした翌日は、体が非常に軽く感じたりすることがあります。
体を動かしやすいだけでなく、頭までさえた感じまでします。
これは、代謝が低下していたところへタンパク質を十分とることによって、代謝が活発になったためです。

タンパク質を十分にとると、血圧も上がりにくくなります。その理由は、タンパク質は分解すると最終的に尿素となって尿とともに排泄され、このときに同時に塩分も排泄されるためです。

だから、体内に余分な塩分が保留されなくなって、血圧が上昇しにくくなるという結果です。ただ、ここで気をつけなければいけないのは、タンパク質を十分にとった際、水分の補給が必要だということです。というのは、タンパク質の排泄は尿と汗からに限られます。タンパク質を多くとれば、尿中の排泄量も比例して増加します。しかし、尿は一定の濃度以上に浪くなると、排泄されにくくなります。そこで、十分な尿を出すためには、水分補給が必要となります。

欧米で、水をどんどん飲むと健康になるという水飲み健康法などが提唱されたのは、欧米ではタンパク質摂取量が多いため、それを排泄するために必要なのです。ただし、デンプン質が多い食事の場合には、体内で水分が生産されるから余分の水分が多いと腎臓を疲労させることになり、かえって逆効果とないrます。したがって、タンパク質を十分とった場合には水をよく飲み、デンプンの多い食事の場合には水分はあまり多くとりすぎないということに注意すべきなのです。

桜島活泉水で血液さらさらでは「水分」ではなく「水」をしっかり摂取するようにと紹介されています。確かに日頃、お茶やコーヒーの水分摂取は結構ありますが、水を飲んでいるか?と言われると、全く飲んでいないように思います。肉を食べたときは、特に「水」を摂取するように生活習慣を変えなければいけません。

魚を常食している人は心筋梗塞になりにくい

魚の脂肪酸は肉とかなり異なっています。脂肪酸というのは脂肪の構成成分で、グリセリンに脂肪酸が3個結合して脂肪がつくられます。
魚の脂肪酸は、イコサペンタエン酸(IPA 、EPAともいう) やドコサヘキサエン酸(DHA) といったものが主体です。

中でもDHAは、血管の収締を緩め、血液の申の成分である凝固因子の血小板の凝集を抑制する作用があります。血小板の凝集が血管内で起こると血栓を生じ、その結果、心筋梗塞や脳梗塞が起こることはよく知られています。

このIPA やDHAの働きはもともと、あまりよく知られていませんでした。それが知られるようになったきっかけは、動物の肉を多食する地域では心筋梗塞が多いのに、北極圏に住み、動物性の肉を多食するイヌイットには、ほとんどそれが見られないことが発見されたことからです。

よく調べてみると、彼らが食べているオットセイやアザラシのような北の海に生息する動物の脂肪は、いわゆる牛肉などに含まれている脂肪の成分とはまったく異なることが分かりました。
これらの海にすむ獣の脂肪には、魚の脂肪分の構成成分であるIPAやDH Aが多量に含まれているのです。海獣は、主として魚を食べています。したがって、その脂肪は、そのままこれらの動物の脂肪として体に蓄えられます。

つまり、海獣の肉を主に食するイヌイットは、間接的に魚を多食しているのと同じであることが分かりました。そのため、IPAやDHAの効果によって梗塞が起こりにくいことが判明したのです。

その後、漁村で魚を常食にしている地域にも心筋梗塞が少ないことが判明し、魚の脂肪に含まれる脂肪酸が血栓を防止するのに役立つことが裏づけられたのです。

魚の脂肪酸は、植物油に多く含まれるリノール酸とはまったく違う系列のものです。魚の脂肪酸はn-3系とよばれますが、一部の例外(オリーブ油、菜種油、ゴマ油、米ぬか油など)を除いた植物油のリノール酸はn-6 系と呼ばれているもので、これらの脂肪酸は、体の中でお互いに変換することができません。つまり、IPAやDHAのようなn-3 系の脂肪酸をとろうと思えば、魚を食べることが一番簡単です。

そこで、血栓を防止し、心筋梗塞や脳梗塞も防ぐには日常的に魚を食べる必要がありますが、日本の食生活では急速に魚離れが起こっています。とくに、昭和45年頃、魚と肉の摂取量が逆転しました。今では、肉の摂取量は過去の魚並みになり、反対に魚の摂取量は過去の肉並みになっているのです。これは大きな問題で、心筋梗塞や脳梗塞が増加する危険があります。

意識して魚を食べることが大切です。

DHAは脳の発育に必須の栄養ということですが、こちらには脂肪が多い赤身魚のマグロのトロの方がDHAは豊富と紹介されていますのでマグロのトロを定期的に食べる習慣をつければ脳梗塞などの危険な病気を防ぐことができそうです。

煮豆には昆布が必須

大豆の煮豆には、多くの場合、昆布を一緒に煮込みます。昆布は、グルタミン酸が多く、そのうま味が煮豆の味にプラスに働いていると思われますが、その他にも、煮豆に昆布を入れるのは、栄養的な意味があります。

大豆には、サポニンという有用な成分が含まれている。サポニンは喉などの粘膜を潤し、滑らかにする作用があります。黒豆は、皮の黒い大豆ですが、喉に炎症があるときなど、黒豆の煮汁でうがいをすると効果的です。

また、黒豆の煮汁で喉を潤すと声がよくなるなどの効能もあります。

いずれもサポニンの作用によるものですが、サポニンにはさらに、緩下剤としての働きもあります。便秘のときに煮豆などが効くのは、豆に多量に含まれている食物繊維とサポニンの複合的なプラス効果によるものです。

このように、サポニンにはいくつものプラスのメリットがありますが、デメリットとしては、ヨウ素等の重要な栄養成分を過剰に排泄してしまうという点があります。

ヨウ素は、髪の毛、歯、肌、爪などを健康に維持する働きがあります。逆に、甲状腺の働きと密接な関係があります。

もし、ヨウ素が不足すると、甲状腺の働きに異常をきたし、機能が低下して、活動にも影響が出ます。また、甲状腺が過剰に働くと、汗が多量に出るとともに、イライラして落ち着きがなくなり、ひどくなるとバセドー病などの原因になります。

大豆をはじめとした豆類は、良質の植物タンパク質とともに、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維などを含み、栄養的にも非常に優秀です。

ところが、豆類をとっているだけでは、ヨウ素の欠乏が避けられません。これを防ぐのには何といってもヨウ素をたっぷり含む海藻です。

中でも、味の上でも大豆と相性がよいのが昆布です。また、昆布を大豆とともに煮ると、昆布が柔らかくなります。というのも、サポニンには、昆布の主成分である炭水化物のアルギン酸を柔らかくする働きがあるからです。

昆布は煮るとき、柔らかくなるまでに、かなり時間を要します。また、煮る前にあらかじめ水に浸してよく吸水させ、膨潤させておくことが大事です。しかし、この時間を短縮できれば、煮豆をつくる時間がかなり短縮できます。その点で、昆布を大豆とともに水で戻しておくと、煮るのも時間的に早くできるし、柔らかい煮豆になります。

こうしたおばあちゃんの知恵は、理論的な裏付けも伴っていて驚きます。

昆布の栄養成分についても忘れてはいけません。
昆布の成分 | コンブの降圧効果

体に蓄積されない油(サラダ油とオリーブ油)

最近、オリーブ油は体にいいということで人気の油ですが、オリーブは歴史的にもっとも古くから食べられてきた食品の1つといえるでしょう。最近、人気を集めている健康効果は多々あります。

最近は、酸化しにくい油として人気ですが、ギリシャ・ローマ時代からの天然便秘薬「オリーブオイル」 | 腸をごきげんににもあるように便秘に効くというものです。古くから便秘改善用に使われてきた歴史もあります。

特に古代ギリシャ時代、すでに食用として用いられていました。オリーブ油は地中海沿岸の料理に欠かせないが、健康的な油であるとして、近年日本でも人気が高まってきています。それだけに、その成分がどのようなものであるかです。

オリーブ油の脂肪の構成脂肪酸は、主としてオレイン酸です。オレイン酸は、コレステロールを取り除く働きをする不飽和脂肪酸の一種ですが、不飽和の部分は1ヶ所です。不飽和脂肪酸には、よく知られているリノール酸やDHAなど多くの種類がありますが、オレイン酸のように不飽和の部分が一個というのは他にはほとんど存在しません。

さらに、不飽和脂肪酸でありながら、不飽和の部分が少ないので、酸化しにくいという利点も見逃せません。また、体内に貯蔵されることは少なく、エネルギーとして消費されやすいのです。脂肪酸の中でオレイン酸のような一価不飽和脂肪酸は、パーム油に多いステアリン酸や、肉などに含まれるパルミチン酸のような飽和脂肪酸、リノール酸やDHAなどの多価不飽和脂肪酸、それぞれ1に対して1.5の比率でとるようにと日本人の栄養所要量で指示されています。

飽和脂肪酸は定期預金のように体内に蓄えられ、皮下脂肪などとして貯蔵されるのに対して、多価不飽和脂肪酸は、体内で各種の化学反応にかかわる一方で酸化しやすいため、酸化朋を防止するようなビタミン類をとることが必要です。その点で、不飽和脂肪酸ではあるが、安定していて体内にたまらないオレイン酸のようなものを中心に食べることが望ましいのです。

ところで、オリーブ油が安定していて酸化しにくい証拠として、赤ちゃんの皮膚につけても安全なことがあげられます。もし、赤ちゃんの皮膚にサラダ油などを塗ったとすると、しばらくすると炎症を起こして腫れてきます。

これは、脂肪が酸化して肌を刺激するからです。オリーブ油は酸化しにくいので皮膚に塗っても何も変化はおきません。この酸化しにくい性質は、加熱する際にも安心です。揚げ物などもからりと揚がるし、妙め物をしてもべたつきません。油は加熱すると酸化して粘性を増すものが多いのですが、オレイン酸の多いオリーブ油は、加熱による酸化が起こりにくいのです。なお、揚げ物の場合、200度程度に温度を上げた方がからりと揚がります。

ダイエット時は特に油の選択が重要です。油を味方にする | 太らない食習慣

カレーは辛さで代謝が上がるという幻、ルウは脂肪が多いという事実

日本人には絶大な家庭料理の人気の上位をキープするカレーライス。インド料理とはだいぶ異なった日本独特の食べ物で、1年間に1人当たり50食以上は食べています。普段は、ごはんは1杯しか食べない人でもカレーなら2~3杯は食べてしまうなどからもカレー人気度がわかります。

しかし、カレーライスには注意が必要です。日本独特のカレーライスは、頻繁に食べると、健康にとってマイナス部分も気になります。健康にマイナスになるかどうかは、カレーソースの材料とつくり方が影響します。日本独特のカレーソースは、カレールウを使用します。実はこれ食べ過ぎるとマイナス面が際立ってきます。ルウはとろみを出すために、脂肪を多量に使ってつくります。小麦粉とバターでつくったどろっとしたカレーソース、レトルト食品、飲食店のカレーなど、みな脂肪分が多いのです。

市販の即席カレールウも同じです。これは、ときどき食べるのなら健康に影響はありませんが、頻繁に食べるとなると、脂肪と食塩のとりすぎになり、大事な栄養源のタンパク質も不足します。カレールウの脂肪含有量が非常に大きくなる原因は、コストを安価にするためです。

インドや南方各地で食べている本来のカレーソースは、さまざまな野菜を柔らかくなるまでよく煮てから裏ごしするといった手法でつくられています。これだと、とろりとしてコクが出るが、時間がかかり、材料の野菜の値段がかさんで、かなり高価になってしまいます。

レトルト食品のカレーの表示を見ればひとめでわかりますが、値段の安いものは、最初に食用植物油脂、次に小麦粉、そして、野菜、牛肉、香辛料といった順に記載されています。これは法律で、材料の多いものから順に並べて記載するという決まりがあるためです。

これが高級なものにな朋ると、先頭が肉、次いで野菜、香辛料といった順に並び、かなり後にバター、生クリームなどが記載されています。そこで、健康的なカレーライスを食べようと思ったら、市販のカレールウを使わず、カレー粉と野菜を主にして自分でつくるか、ホテルなどで出している、野菜を重点的に使ってあるカレーソースを使用することです。

このようなものは、食塩の量も少ないので、その点でも健康的です。これに対して、脂肪が多いカレーソースは、食塩を多く使わないとしっかりした味になりません。ちなみにカレールウを使ってつくったカレーソースは、脂肪が1人前脂肪が20グラム以上と、1日の適当量の半分、食塩は6グラムと、1日分の3分の2にもなることを知っておくといいでしょう。

眠れない時はホットミルクでリラックスする

イライラする原因はいろいろありますが、原因のひとつにカルシウム不足があります。カルシウム摂取量が少ないと、神経がイライラしなかなか寝付けないということがあります。カルシウムの多い食品としては牛乳が代表的ですが、これならどの家庭にも冷蔵庫にあるでしょう。
牛乳にはCPP(カルシウムホスホペプチド)と呼ばれるカルシウムの吸収を促進する物質が含まれています。CPPはカルシウムとリン酸塩にペプチドが結合したものです。ペプチドというのは、タンパク質を構成しているアミノ酸がいくつか結合した物質です。

タンパク質よりは分子が小さく、アミノ酸まで分解せずに分解が途中で止まったものです。

牛乳にはイライラを抑える物質がもう1つ含まれています。それは、トリプトファンというアミノ酸です。必須アミノ酸は8種類ありますが、その中の1つであるトリプトファンは、神経のイライラを鎮める鎮静作用をもっています。

トリプトファン含有量の多い食品は少ないのですが、その中で牛乳はトリプトファンが多く含まれている食品の1つです。しかも、液状なので消化酵素も作用しやすく分解されやすいため、体内にとり入れやすいです。そこで、イライラして寝つきにくい場合、牛乳を飲むことによって安眠することができるのです。

この場合、牛乳は温めて飲むほう効果大です。というのは、胃に温かい飲物が入ると、体全体がほのかに暖まります。このことで神経が鎮静し、さらに、温かいと消化酵素の分泌も促進されて、タンパク質が早く分解し、トリプトファンの吸収もよく行なわれます。

また、その効果を高め、くつろいだ気分にするためには、ゆっくり飲むのがいいでしょうただし、薬などで単独でトリプトファンを摂取することは栄養上あまりおすすめできません。というのは、トリプトファンは必須アミノ酸の1つであるため、薬でとると必須アミノ酸のバランスが崩れ、栄養障害を起こすためです。しかし、トリプトファンを食物からとった場合は、トリプトファンの摂取量が必要以上に多くなっても、自然に吸収がコントロールされて、栄養障害などを起こすことはない。このように、薬品的なものによって単独にとるのと、自然の食品中に含まれているものからとるのとでは、同じように見えても、体内での働きはまったく異なるのです。この他、大豆のタンパク質もトリプトファンが豊富なので、きな粉ミルクをつくって飲めば、さらに鎮静効果大です。

トリプトファンを意識した食事を心がけることが大切です。