魚を常食している人は心筋梗塞になりにくい

魚の脂肪酸は肉とかなり異なっています。脂肪酸というのは脂肪の構成成分で、グリセリンに脂肪酸が3個結合して脂肪がつくられます。
魚の脂肪酸は、イコサペンタエン酸(IPA 、EPAともいう) やドコサヘキサエン酸(DHA) といったものが主体です。

中でもDHAは、血管の収締を緩め、血液の申の成分である凝固因子の血小板の凝集を抑制する作用があります。血小板の凝集が血管内で起こると血栓を生じ、その結果、心筋梗塞や脳梗塞が起こることはよく知られています。

このIPA やDHAの働きはもともと、あまりよく知られていませんでした。それが知られるようになったきっかけは、動物の肉を多食する地域では心筋梗塞が多いのに、北極圏に住み、動物性の肉を多食するイヌイットには、ほとんどそれが見られないことが発見されたことからです。

よく調べてみると、彼らが食べているオットセイやアザラシのような北の海に生息する動物の脂肪は、いわゆる牛肉などに含まれている脂肪の成分とはまったく異なることが分かりました。
これらの海にすむ獣の脂肪には、魚の脂肪分の構成成分であるIPAやDH Aが多量に含まれているのです。海獣は、主として魚を食べています。したがって、その脂肪は、そのままこれらの動物の脂肪として体に蓄えられます。

つまり、海獣の肉を主に食するイヌイットは、間接的に魚を多食しているのと同じであることが分かりました。そのため、IPAやDHAの効果によって梗塞が起こりにくいことが判明したのです。

その後、漁村で魚を常食にしている地域にも心筋梗塞が少ないことが判明し、魚の脂肪に含まれる脂肪酸が血栓を防止するのに役立つことが裏づけられたのです。

魚の脂肪酸は、植物油に多く含まれるリノール酸とはまったく違う系列のものです。魚の脂肪酸はn-3系とよばれますが、一部の例外(オリーブ油、菜種油、ゴマ油、米ぬか油など)を除いた植物油のリノール酸はn-6 系と呼ばれているもので、これらの脂肪酸は、体の中でお互いに変換することができません。つまり、IPAやDHAのようなn-3 系の脂肪酸をとろうと思えば、魚を食べることが一番簡単です。

そこで、血栓を防止し、心筋梗塞や脳梗塞も防ぐには日常的に魚を食べる必要がありますが、日本の食生活では急速に魚離れが起こっています。とくに、昭和45年頃、魚と肉の摂取量が逆転しました。今では、肉の摂取量は過去の魚並みになり、反対に魚の摂取量は過去の肉並みになっているのです。これは大きな問題で、心筋梗塞や脳梗塞が増加する危険があります。

意識して魚を食べることが大切です。

DHAは脳の発育に必須の栄養ということですが、こちらには脂肪が多い赤身魚のマグロのトロの方がDHAは豊富と紹介されていますのでマグロのトロを定期的に食べる習慣をつければ脳梗塞などの危険な病気を防ぐことができそうです。

煮豆には昆布が必須

大豆の煮豆には、多くの場合、昆布を一緒に煮込みます。昆布は、グルタミン酸が多く、そのうま味が煮豆の味にプラスに働いていると思われますが、その他にも、煮豆に昆布を入れるのは、栄養的な意味があります。

大豆には、サポニンという有用な成分が含まれている。サポニンは喉などの粘膜を潤し、滑らかにする作用があります。黒豆は、皮の黒い大豆ですが、喉に炎症があるときなど、黒豆の煮汁でうがいをすると効果的です。

また、黒豆の煮汁で喉を潤すと声がよくなるなどの効能もあります。

いずれもサポニンの作用によるものですが、サポニンにはさらに、緩下剤としての働きもあります。便秘のときに煮豆などが効くのは、豆に多量に含まれている食物繊維とサポニンの複合的なプラス効果によるものです。

このように、サポニンにはいくつものプラスのメリットがありますが、デメリットとしては、ヨウ素等の重要な栄養成分を過剰に排泄してしまうという点があります。

ヨウ素は、髪の毛、歯、肌、爪などを健康に維持する働きがあります。逆に、甲状腺の働きと密接な関係があります。

もし、ヨウ素が不足すると、甲状腺の働きに異常をきたし、機能が低下して、活動にも影響が出ます。また、甲状腺が過剰に働くと、汗が多量に出るとともに、イライラして落ち着きがなくなり、ひどくなるとバセドー病などの原因になります。

大豆をはじめとした豆類は、良質の植物タンパク質とともに、カルシウム、ビタミンB1、食物繊維などを含み、栄養的にも非常に優秀です。

ところが、豆類をとっているだけでは、ヨウ素の欠乏が避けられません。これを防ぐのには何といってもヨウ素をたっぷり含む海藻です。

中でも、味の上でも大豆と相性がよいのが昆布です。また、昆布を大豆とともに煮ると、昆布が柔らかくなります。というのも、サポニンには、昆布の主成分である炭水化物のアルギン酸を柔らかくする働きがあるからです。

昆布は煮るとき、柔らかくなるまでに、かなり時間を要します。また、煮る前にあらかじめ水に浸してよく吸水させ、膨潤させておくことが大事です。しかし、この時間を短縮できれば、煮豆をつくる時間がかなり短縮できます。その点で、昆布を大豆とともに水で戻しておくと、煮るのも時間的に早くできるし、柔らかい煮豆になります。

こうしたおばあちゃんの知恵は、理論的な裏付けも伴っていて驚きます。

昆布の栄養成分についても忘れてはいけません。
昆布の成分 | コンブの降圧効果