カキの成分が肝臓をしっかりガード

晩秋から冬にかけての味覚の1つにカキがあります。酒飲みにとっては、磯の風味豊かな酢ガキを肴に熱欄で一杯というのは、こたえられない味わいでしょう。
フランスあたりでは、レモン汁をしぼっただけの生ガキを肴にワインを楽しむ光景もよく見かけられます。生ガキには、酢やレモン、すだち、ゆずなど、すっぱい味がよく合います。これがまたアルコール飲料にもうってつけの味わいとなります。

それだけではありません。昔から「カキは酒毒を消す」といわれるほど、カキ自体にも二日酔いや悪酔いの予防効果があるうえ、アルコールの害から肝臓を守る作用もあるのです。

ご存じのように、肝臓はさまざまな物質の「合成」「分解」「解毒」など重要な働きをしていて、大化学工場にもたとえられます。こうした肝臓の働きには、グリコーゲンやアミノ酸が欠かせませんし、そのほか各種ビタミンやミネラルをも必要とします。

カキには、これらの栄養素が豊富に、しかもバランスよく含まれているのです。まず、カキ肉に多く含まれるグリコーゲンですが、これは肝臓に力をつける働きをしています。また、グリコーゲンは代謝されて、グルクロン酸の原料にもなります。グルクロン酸は、肝臓を強くし、解毒作用を持つ物質です。

解毒作用といえばアミノ酸もかかわっており、これもカキには豊富に含まれています。グルタミン、グリシン、メチオニン、シスチン、タウリンなどといった各種のアミノ酸が体内にできた毒素を分解したり包み込んだりして、体外に運び出す役目を果たしているのです。

中でも特にタウリンは、肝臓の薬として臨床的にもたくさん使われているほどです。さて、肝臓の働きを高めれば、当然、アルコールの害も減らし、二日酔いや悪酔いの予防になります。アルコールは体内に入ると、肝臓で分解され、アセトアルデヒドという物質に変わります。
このアセトアルデヒドが二日酔いや悪酔いを起こす張本人で、肝臓に障害をもたらす有害物質なのです。

ところが、カキに含まれているグリコーゲンやアミノ酸は、肝臓の働きを高め、解毒作用を促進するので、アセトアルデヒドをすばやく分解して無毒化してしまいます。

さらに、大酒を飲んで肝細胞が破壊されたときには、アミノ酸はその修復材料ともなるのです。酒飲みたる者、常々肝臓にはお世話になりっばなしで、不幸の限りを尽くしているのですから、せめて肴にはカキのように肝臓の栄養になり、役に立つ食べ物を選ぶようにしたいものです。カキを味わう毒口同の方法といえば、やはり新鮮な生ガキをポン酢か二杯酢であえて食べる酢ガキに尽きるでしょう。熱を加えないため、カキに含まれるビタミン類の損失がありませんし、ミネラルやタウリンなども有効に摂取できます。

タウリンはシジミに豊富に含まれます。

肝臓に必須の魚介類に多いタウリンはいわしにも多く含まれる

しじみの特効成分タウリンが疲れた肝臓に効くで紹介したとおり、肝臓にはタウリンが欠かせませんが、こちらでも紹介したとおり、タウリンはシジミなどの魚介類に多く含まれます。

シジミをはじめとしてカキやいか、たこと同様、いわしもタウリンを非常に多く含んでいます。

魚の身の中でも、タウリンが特に多く含まれているのは、体の表面に近い部分、つまり血合い肉の部分です。
少し生臭い魚の血合い部分に肝臓を守るビタミンがたっぷりある

血合い肉の中に含まれるタウリンの量は、普通肉部分の100倍もあるといわれています。ところが、まぐろなど私たちにおなじみの多くの魚の場合、血合い肉を除いて売られていたり食べたりしています。

その点、いわしは血合い肉ごとまるのまま食べることができるので、タウリンがたっぶりとれる格好の魚といえます。それだけに、タウリンをじょうずにとる食べ方もぜひ知っておきたいものです。タウリンは油にはとけないので、オイルサーディンなど油漬けにしたいわしの缶詰めを利用するのはよい方法です。缶詰などでもたくさん売られています。

また、タウリンは水にとけ出しやすいため、いわしを煮るならあめ炊きのように煮詰めるか、つくね汁にするなどして、煮汁もいっしょに食べられるように工夫するとよいでしょう。

いわしなどの青魚の場合、タウリンも豊富ですが、DHAなども豊富に含まれます。
食べる=生きる(脳の発育に欠かせないDHAはどの魚に多い?)

魚を常食している人は心筋梗塞になりにくいでも紹介されているとおり、DHA・EPAも積極的に摂りたい栄養です。

少し生臭い魚の血合い部分に肝臓を守るビタミンがたっぷりある

ぶつ切りにした魚の切り口を見ると、背肉と腹肉の境目に、暗赤色の肉の部分があります。ご存じのように、これが血合い肉で、かれいやたらのような動きの少ない魚より、水面近くをぐんぐん泳ぎ回るかつお、まぐろなどに血合い部分が非常に発達しています。

ところで、私たちはとかく、この血合い肉を敬遠しがちです。刺し身のときはここを真っ先に切り落としますし、煮魚、焼き魚でも、ほとんどの人が食べ残してしまいます。見た目の悪さと、生ぐささがきらわれるのでしょう。

しかし、ここでぜひ血合い肉を見直し、積極的に口にしてほしいのです。なぜなら、血合い肉にはたいせつな栄養素が豊富に含まれているからです。なにしろ栄養満点といわれるレバーと同等の栄養価があり、私たちの肝臓の機能の一部を代行する働きさえあるのです。

まず、血合い肉は文字どおり血液を多く含んでいるため、当然鉄分の含有量が多く、普通肉部分の2倍はあります。そしてなによりすばらしいのは、ビタミンの宝庫であり、エラスターゼという成分が含まれているという点です。
エラスターゼは、血管を若返らせて動脈硬化や脂肪肝を予防します。ビタミンについては、ビタミンB1とB2が普通肉の6~10倍も含まれ2ています。

特に注目したいのは、ビタミンB1です。これは植物性食品にはほとんど含まれず、なかなかとりにくい栄養素です。ところが、血合い肉部分には、普通肉部分よりずっと多くB12が含まれており、B1、B2と同様、肝臓の働きを助ける強肝作用があるのです。

では、この強肝作用とはどのようなものでしょうか。肝臓の細胞が正常に働くためには、良質のタンパク質が必要です。良質なタンパク質であるには、必須アミノ酸が全種類、適切な割合で十分な分量がそろっていなければなりません。

しかし、こうした条件を満たす食品は、そう多くはありません。特に、食事のパターンが、ご飯にみそ汁、それに植物性食品を多くとる日本人には、とかくアミノ酸のバランスがうまくとれていない傾向が見られます。

たとえば、みその原料である大豆は「畑の肉」といわれ、すぐれたタンパク朗質源の1つです。しかし残念なことに、良質のタンパク質に豊富に含まれているはずの含硫アミノ酸については、不足ぎみです。ところがおもしろいことに、このみそ汁の具にビタミン12が豊富なあさりかしじみを入れると、そのビタミンB12の働きによって、こうしたアミノ酸のアンバランスが是正されるのです。

しじみの特効成分タウリンが疲れた肝臓に効く

ネズミの実験でも、ビタミンB12の働きが証明されています。白米にはアミノ酸のリジンやスレオニンが不足していますが、これを補ったえさをネズミに与えても、体重増加は17%前後です。

ところがビタミンB12を添加すると、増加率は43%にもはね上がりました。これらの知見や実験から、肝細胞が体をつくるのに必要なタンパク質を合成、処理するプロセスの中で、ビタミンB12が、非常に重要な役割を果たしていることがわかります。

つまり、肝臓の働きを活発にして、病気を防ぐには、常に質のよいタンパク質が必要であると同時にビタミンB12を含んだ食品をともに食べるのが、より効果的であるということです。酒飲みの人が脂肪肝になりやすいのは、お酒の量ばかり多く、きちんとしたおつまみを食べないために肝臓の脂肪を運び去る役目をするメチオニン(必須アミノ酸の1つ)が不足するからです。

酒の肴にタンパク質が多い食品を選ぶのはもちろんですが、そんなとき2ビタミンB12を多く含む、血合い肉の多い魚をいっしょにとり合わせれば、「タンパク質+ビ2タミンB12」ということで、脂肪肝予防にいっそう効果がアップします。

ちなみにビタミン12は不眠にも効きます

しじみの特効成分タウリンが疲れた肝臓に効く

昔から「肝臓が悪くなったら、しじみのみそ汁を飲むとよい」といわれてきました。気の利いた小料理屋などでは、肝臓をいたわってください、という配慮でしょうか、お酒のあとにしじみのみそ汁を出しているところもあるようです。

昔からのこの素朴な習慣を、迷信とばかり笑うことはできません。というのも、しじみには肝臓を守るために必要とされるタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているからです。さらに、しじみにはすぐれた点があります。タウリンという含硫アミノ酸を豊富に含んでいることです。

このタウリンは、体の中でさまざまな役割を果たす有効物質で、1988年には肝臓病や心臓病の治療薬として認められ、積極的に使用されてすぐれた効果を上げています。ではタウリンは、肝臓に対して具体的にどんな作用を持っているのでしょうか。

第一に、タウリンにはATPという酵素の合成を促す働きがあります。ATPは細胞の営みに必要なもので、肝臓の細胞や心臓の筋肉、骨格筋などに不可欠な物質です。つまり、タウリンが十分にあれば、ATPがどんどん合成されて肝臓が丈夫になり、心臓の筋肉が強化され、元気も出るというわけです。第二に、タウリンは、肝臓の細胞に直接働いて、肝細胞を保護すると同時に強化したり、肝機能を高めたりする作用を持っています。この作用から、最近では慢性肝障害や急性肝炎の治療にタウリンが使用されるようになっていることは、先ほどふれたとおりです。ただし、しじみにはコレステロールがけっこう含まれています。この点、不安を感じる人もいるかもしれませんが、タウリンとともに不飽和脂肪酸も豊富にあるため、しじみを食べても、血中コレステロールが高くなる心配はまずありません。

むしろ、タウリンと不飽和脂肪酸によって、コレステロールを低下させる効果のほうが大きいといえます。ところで、タウリンには水にとけやすい性質があります。たとえば貝を水で煮ると、タウリンの約30%は煮汁の中にとけ出してくることが知られています。

ここに、みそ汁のようなとり方の利点が出てきます。みそ汁なら、しじみからとけ出したタウリンをのがさずとれるわけです。また、みその大豆タンパクにも、肝臓を守るコリンなどのビタミンB群が多く含まれており、しじみのタウリンと相まって、いっそうの効果が期待できます。

こうしてみると、昔からいわれてきたとおり「しじみのみそ汁」は、確かに肝臓を守ってくれることがわかります。経験をもとにした先人の知恵が、科学的に裏づけされたからには、しじみのみそ汁を、ぜひもう一度見直していただきたいと思います。なおタウリンは、あさりやはまぐり、いか、たこ、カキなどにも豊富に含まれています。いわゆる魚介類に多く含まれる成分ですが、みそ汁で飲む場合、しじみが一番おいしいということでしょう。

しじみで肝機能を改善する

日本の伝統発酵食品の納豆の多彩な栄養が肝臓を助ける

大豆を原料にした、代表的な発酵食品の1つが納豆です。大豆が栄養価の高い食品であることはよく知られています。しかし、消化がよくないのが難点で、煮豆でさえその消化率は65%程度です。

ところが納豆になると、大豆の優秀な栄養成分はそのままに、消化吸収率も80%以上と急激に高くなります。

これは、発酵の過程でタンパク質が分解され、アミノ酸などに変えられているためです。納豆の栄養価の高さについては、すでに多くの学者の折り紙つきです。

まずタンパク質ですが、納豆1包み(約100g)を食べると、約17g のタンパク質がとれます。これは魚肉に匹敵する量で、値段に比しても抜群の経済性です。

また肝臓を守るビタミンB群もたくさん含んでいます。たとえば、ビタミンB2は原料である大豆の2倍以上も多くなります。ビタミンEが持つ抗酸化作用などは、このB2をいっしょにとるとその働きが4倍以上になることがわかっています。
そしてなにより特筆すべきなのは、ビタミンB12が含まれていることです。B12は、タンパク質や脂肪、糖質の代謝を活発にさせるなどの作用を持つビタミンです。このB12はもともと動物性の食品に多く含まれるもので、大豆には全くありません。

ところが納豆菌がビタミンB12をつくり出してくれるため、大豆にはないこのビタミンを納豆からとることができるのです。大豆のタンパク質に加え、ビ2タミンB12をも含み、消化吸収のよい納豆は、まさに肝臓を守るうってつけの食品といえます。

なお、納豆には、とりわけ酒飲みの胃や肝臓を守ってくれる心強い成分がもう1つ含まれています。それは、あの特有のネバネバで、ムチンと呼ばれる物質です。ムチンはなめこなどのネバネバ物質にも含まれます。
ぬるぬる成分がガンから心臓病までを防ぐ | なめこの血液ドロドロ改善効果
宴会前にナメコ汁と納豆を食べてから参加すれば悪酔い予防にもいいでしょう。

中高年のくたびれてしまった肝臓には豆腐の栄養成分が必要

大豆は良質のタンパク質が豊富に含まれ、肝臓を守るでも紹介していますが、肝臓病には高タンパク食が欠かせません。

しかし、肝臓が弱ると食欲が落ちるので、脂っこい肉類などはそう量を多くは食べられません。その点豆腐は良質のタンパク質が豊富でしかも風味があっさりしているため、肝臓病食にうってつけといえるでしょう。そのうえ、豆腐が肝臓病に最適なことを裏づける、次のような事実もわかっています。

肝臓病になるとアンモニアを解毒する能力が低下します。血液中に解毒されないアンモニアがふえると、さまざまな障害や、ときには昏睡さえ引き起こしかねません。そこで、肝臓を回復させようとして動物性のタンパク質食品をたくさん食べると、血液中のアンモニアがさらにふえてしまうことがあるのです。

つまり、肝臓のことを考えれば、肉などの良質のタンパク質は必要ではあるものの、アンモニアの害を考えるとそうむやみに食べるわけにはいかないのです。ところが、植物性のタンパク質食品である豆腐は、血液中のアンモニアをふやすことはありません。

まさに肝臓病の人向けの食品というわけです。加えて、豆腐の原料である大豆に含まれるサポニンという独特の成分も、肝臓病の改善に大きく役立つことがわかっています。
最近、肝臓病の原因の1つとしてにわかに注目を集めている物質に過酸化脂質があります。これは、油(不飽和脂肪酸)が酸素と結びついてできるサビのようなものです。
古い油を使った加工食品や冷凍食品をとりすぎてこの過酸化脂質が体内にふえると、肝臓の細胞に障害が起こるのです。

ところが、大豆に含まれるサポニンには、この過酸化脂質ができるのを抑え、肝臓を守る働きがあるのです。このことは私たちの実験でも確かめられています。豆腐は苦からおかずとしてだけでなく、酒の肴としても愛されてきました。
冷ややっこ、揚げ出し豆腐、湯豆腐などを肴にお酒を飲むという習慣は、わが先人たちが、無意識のうちにお酒の書から肝臓を守ろうとして身につけたものといえるかもしれません。私たちもこうした理にかなった習慣を受け継ぎ、肝臓を強く保ちたいものです。

酒飲みは「食べながら飲む」を習慣化する

大豆は良質のタンパク質が豊富に含まれ、肝臓を守る

いまのところ肝臓病には特効薬はなく、食事療法が改善の基本です。その食事療法の柱となるのが、良質のタンパク質をたっぷりとる食事、いわゆる高タンパク食です。これは、肝臓病になると肝細胞をつくっているタンパク質がどんどん壊れてしまうため、それを補う必要があるからです。

良質のタンパク質といえば、まず真っ先にあげられるのが畜肉類や卵をイメージする人が多いはずです。ただしこれらの食品の食べすぎは、脂肪のとりすぎにもつながりかねないので注意しなければなりません。動物性脂肪には、脂肪肝や動脈硬化を引き起こす飽和脂肪酸が多いのです。

そこで、そんな心配のないタンパク質源食品としてすぐに見直したいのが、大豆です。大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど良質なタンパク質を多く含み、ビタミンやミネラルにも富んだ低エネルギー・低カロリー食品です。肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ

その脂肪分には飽和脂肪酸はあまり含まれず、むしろ脂肪肝を抑える不飽和脂肪酸(オレイン酸やリノール酸、リノレン酸など)をたっぷり含んでいます。加えて、脂肪を分解する働きを持つコリンや、むだな脂肪を燃やしてくれるレシチンも豊富です。つまり、大豆には、肝臓病の人はもちろん、酒飲みの肝臓を守ってくれる栄養成分がたっぶり含まれているのです。

このような栄養成分は、豆腐や納豆、あぶらげ、高野豆腐、ゆば、みそといった大豆加工食品にも、量の多少はあるものの、もちろん含まれます。しかもありがたいことには、豆腐や納豆、ゆば、みそなどのタンパク質は、肉のタンパク質とくらべて消化吸収率が高いのです。

大豆製品はいずれも手軽で安価ですから、調理法を工夫して、毎日の食生活に積極的にとり入れることをおすすめします。大豆や大豆製品を料理にうまくとり入れながら、適当な量の肉や卵を組み合わせれば、タンパク質についてはまさに「鬼に金棒」といえるでしょう。

詳しい大豆効果についてはこちら。

酒飲みの肝臓強化には、牛乳、乳製品も忘れない

レバーだけではなく、良質のタンパク質や各種ビタミンを豊富に含み、肝臓の強化に大いに役立ってくれる食品があります。

それは、牛乳、そしてチーズやヨーグルト、スキムミルクなどの乳製品です。どれも身近な食品であるにもかかわらず、肝臓強化に役立つことを知らない人が多いのも残念です。

どんな点が肝臓にいいのか、まずは牛乳から見てみましょう。もともと牛乳は、五大栄養素、すなわちタンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンをバランスよく含むすぐれた栄養食品として知られています。それらの中でも、肝臓強化の面でとりわけ注目したいのはタンパク質とビタミンです。
牛乳のタンパク質は、肝臓に必要な必須アミノ酸のすべてを含んだたいへん質のよいものです。ビタミンについても、C以外のすべてのビタミンがまんべんなく含まれています。特に豊富なのはビタミンB2とAで、これらには肝臓の働きをよくする作用があります。

ちなみに、1日に牛乳びん1本分(200ml) を飲むと、タンパク質は1日に必要な量のおよそ10分の1がとれます。同様に、ビタミンB2は1日の必要量の4分の1強、ビタミンAは8分の1程度を摂取すとることができるのです。肝臓強化をはかるなら、肉や魚、卵などほかのタンパク質食品をとると同時に、牛乳も少なくともl日に200ccはとることをおすすめします。さて、牛乳から作られる乳製品にも、もちろん、牛乳と同じ栄養効果があります。中には牛乳以上にすぐれた面を持つものさえあるので、見のがすわけにはいきません。

  • チーズ
    牛乳を乳酸菌や酵素の働きで固めて水分を除いたもので、プロセスチーズ1箱(225g)を作るのに、牛乳13本が使われるといわれ、タンパク質(それも良質なもの)などの五大栄養素が、濃縮された形で含まれています。特筆したいのは、そのタンパク質の消化吸収率で、なんと98%というすばらしさです。これは、タンパク質が発酵の途中で分解されて、半ば消化された形になっているためです。
  • ヨーグルト
    「長寿のもと」といわれるヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させて作ったものです。乳酸菌の働きで乳糖の一部が分解されているため、牛乳を飲むと下痢をする人も心配せずに食べることができます。
    ヨーグルトに甘味を入れるならオリゴ糖を
  • スキムミルク(脱脂粉乳)
    牛乳から脂肪分を除いて乾燥したものです。牛乳とあまり変わらない栄養成分で、エネルギーの低いのが特徴。太りすぎで脂肪や糖質を控えなければならない人には、最適の食品です。

こうして見直してみると、牛乳や乳製品のすばらしさがよくおわかりいただけたと思います。料理に使ってよし、そのままでもよし、毎日の食事にはもちろん、お酒のおつまみにもじょうずに利用して、肝臓強化に大いに役立てたいものです。
肝臓を元気にするための知識

牛、豚のレバーには、肝臓を強化する各種栄養素が豊富

牛や豚の肝臓、すなわちレバーは、昔から強肝食といわれてきました。もちろん、これにはそれなりの根拠があります。レバーには、人間の体に必要なタンパク質が理想的な形で含まれ、また、各種のビタミンもバランスよくそろっている完全栄養食品だからです。

レバーのタンパク質についてもう少しくわしくお話しすると、必須アミノ酸のバランスがよく、プロテインスコア(タンパク価)がとても高いのです。

つまり、レバーはほかのタンパク質食品(卵を除く)にくらべ、体の役に立つ率がグンと高いということです。

私たちの肝臓の組織は主にタンパク質で構成されているので、弱った肝臓の保護や再生には良質のタンパク質が欠かせません。この点、レバーは理想的なタンパク源で、まさに「肝臓は肝臓で治す」といわれるゆえんです。

レバーに含まれるビタミンですが、肝細胞を保護する働きを持つビタミンAをはじめ、体の新陳代謝に欠かせないB1、B2、B6、B12などのビタミンB群、脂肪肝を防ぐ働きのあるコリン、そしてパントテン酸などが豊富です。
ミネラルについても、鉄のほか、リン、カリウム、亜鉛などがたっぶり含まれています。

このように、まさに栄養の宝庫、天然の総合ビタミン剤といえるレバーなのですが、ビタミンCとEだけはごくわずかしか含まれていません。そこで、これらの不足分を補う食べ方を工夫したいものです。たとえばビタミンCを補うと、レバーに多い鉄は、吸収がよくなることがわかっています。

つまり、レバーの栄養効果を高めてくれるのです。具体的には、「レバにらいため」をおすすめしたいと思います。緑黄色野菜のにらにはビタミンが実に豊富に含まれていますし、にらのにおいの成分アリインの働きも見落とせません。
アリインを構成するアリル基はビタミンB1と結合し、体内での臥効果を長く保ちます。さらに、いためるときに使う植物油からは、レバーに不足しているビタミンEをとることができます。

にらのカロチンも油で調理することで、吸収がぐっととよくなります。いいことずくめのレバーですが、心配な点が全くないわけではありません。それは牛や豚の肝臓には、飼料とともに体内に入った抗生物質などが残っているのではないか、と疑われることです。

しかし、レバーの中に含まれている抗生物質は、たいした量ではありません。私たちが普通に食べるくらいの量では、体に影響を与えるおそれはないといっていいでしょう。ただし、購入するときは、色や鮮度をよく見ることがたいせつです。黄色みを帯びたり筋が多かったり、ブヨブヨしているようなものは避けて、いわゆるレバー色、暗赤色で光沢のあるものを選ぶようにしましょう

関連ページ

1日1個の卵が肝臓を守る

お酒を飲む機会が多く、肝臓の弱りが気になる人に、ぜひ見直していただきたい食品があります。それは卵です。「なんだ卵か!」と思われるかもしれませんが、肝臓でのアルコールの代謝に欠かせない成分が、卵にはたっぶり含まれているのです。

まず、その代表的な成分ヒしてぁげられるのが、メチオニンです。メチオニンは必須アミノ酸の一種で、肝臓でのアルコールの分解作用をスムーズにする働きがあります。また、肝臓では全身の細胞をつくるのはもとより、肝臓の細胞そのものをつくるタンパク質を合成していますが、この働きを正常に保つ上でもメチオニンは欠かせません。

酒飲みは代謝を助けるメチオニンが必要

卵100グラムにつき、このメチオニンが400mgも含まれているのです。これは他の食品に比べてもかなり優秀です。
ところで肝臓のタンパク質の合成にはこのメチオニンばかりでなく8種類もの必須アミノ酸がすべてそろっていないとうまくいきません。よく肝臓の機能が低下するといいますが、これはタンパク質の合成機能が低下することをいいます。

その点、卵のタンパク質には必須アミノ酸のすべてが理想的な割合で含まれていますから、肝臓強化にはぴったりです。

卵が酒好きにとってよいのは、これらの理由からだけではありません。豊富に含まれるビタミン類も、肝臓の機能を正常に保つのに欠かせない存在です。

たとえば脂肪肝を予防してくれる物質として、卵にはコリンというビタミン様物質が含まれています。コリンは、肝臓での脂肪の分解を促進してくれるのです。

さらに卵には、アルコールが燃焼するときに必要なビタミンB1や、脂肪の酸化を防ぐビタミンB2もたっぶり含まれています。アルコールが肝臓にいちどきに多量に運ばれると、肝臓の働きが弱くなって、肝臓の中に蓄えられている脂肪が酸化されやすくなります。これが肝臓に炎症を起こす原因の1つになります。

しかし、このときにビタミンB2が働いて脂肪の酸化を防いでくれるのです。また、ビタミンB2には肝臓がアルコールを分解するとき、その役割を果たす酵素を助ける作用があるので、よりスムーズなアルコール代謝ができます。

このように卵は、メチオニンをはじめとする必須アミノ酸、コリン、ビタミンB群などを含む、すぐれた強肝食品です。お酒を飲むときには、おつまみにぜひ卵料理を1品は加えて、肝臓をしっかりガードしたいものです。

しかも、飲酒前に卵を食べておくと胃の粘膜が保護され、アルコールの吸収が弱められるので、悪酔い予防にも効果的です。なお、卵は加熱状態によって胃での消化時間が異なります。胃のもたれがちな人は、消化のよい半熟卵にして食べることをおすすめします。