純炭粉末 口コミ 糖尿病の数値が改善

純炭粉末 口コミ 糖尿病の数値が改善しました。純炭粉末 きよら で糖尿病が大改善、肝機能も正常化しうさぎ便も快便に なった私の体験を紹介します。

純炭粉末 口コミ 糖尿病 の数値、血圧が下がった

純炭粉末 口コミ
純炭粉末 口コミ

私は毎日、昼食前に、「 純炭粉末 きよら 」を 9 粒飲みました。すると、すぐに体の変化があらわれ、便通がよくなりました。かたかった便がやわらくなり、便秘も解消しました。とても爽快な気持ちになりました。体も軽くなったように感じました。

なんとなくこれをきっかけに、体の調子がよくなるのではないかと直感的に思いました。

また、2 ヶ月に 1 度、病院に通って血液検査を受けていますが、「 純炭粉末 きよら 」を始めてから 2 ~ 3 回めの検査のとき、肝機能値が正常化していることが判明。

さらに、「 純炭粉末 きよら 」を飲み始めてから 10 ヶ月後に受けた検査では、血糖値が基準値まで下がったのです。問題の pH 値も、8.2 まで下がっていることがわかりました。さらに、以前より熟睡できるようになり、食欲も増進しています。

こんなに高い血圧でよく倒れなかった

風邪をひいたこともないくらい丈夫な私が、毎日のように夜中に咳が出るようになつたのは、去年です。大学病院で精密検査を受けると、肺に水がたまっていることがわかりました。

少し前から息切れがしたり、胸痛があったり、猛烈な咳がでて止まらなくなったりしていました。

そればかりか、このときの検査で、いくつもの異常が見つかったのです。1つは糖尿病で、数値は覚えていませんが、血糖値が相当高いことがわかりました。

また、血糖コントロールがうまくできていないようです。そのことがわかるpH値(尿の酸性度を示す数値で、基準値は5~8程度) が、9 以上あるといわれました。

また、最大血圧が 200 mmHG 以上、最小血圧が 150 mmHG 近くもあり、高血圧と診断されました。上の血圧の数値も下の数値も高く異常値だと言われました。

診察した医師は、「こんな血圧で、よく倒れなかったね」と驚いたほどです。さらに、肝機能倦も高く、肝臓が弱っていることも判明。

頭痛もちだったので血圧が高いことで生じる症状とは気づきませんでしたが、ここ最近の頭痛はかなりひどく私自身も心配していました。

それまでの私は、健康そのもので、70 歳を過ぎてからも現役で俳優業を続けていました。また、東京都の軟式野球1級審判の資格を持っていて、休みの日には審判もやっていたのです。体を動かすとその後にやけに疲れたり、だるくなったり、横にならないといられませんでした。

これまで、健康診断や病院の検査で、ひっかかったことは一度もありません。しかし、考えてみれば、体のどこかにガタがきてもおかしくない年齢です。私は、俳優業を引退し、野球の審判もやめました。

それまで薬と無縁でしたが、肺にたまった水を循環させる薬、糖尿病や高血圧の薬など、たくさん飲みました。

薬のおかげか、肺の水はなくなり、血圧も下がりました。しかし、血糖値と肝機能値は、ほとんど変化がなかったのです。

 純炭粉末 きよら のおかげで熟睡でき、食欲もでてきた

そんなとき、知人から「糖尿病にいいよ」と勧められたのが、 純炭粉末 きよら  の健康食品でした。その知人も純炭粉末 きよらで血糖値が無事さがったというので私も是非試してみようと思いました。

また、「 純炭粉末 きよら 」には、体内の毒素を排出して腸内環境を整える、新素材の活性炭が使われているそうです。弱った肝臓や、おなかの調子の改善を期待して、飲み始めました。

実は、血圧の薬を飲むようになってから、おなかの調子がいまいちで便秘気味でした。出たとしても、かたくてコロコロしたウサギのような便で、おなかが苦しくて因っていました。

私は毎日、昼食前に、「 純炭粉末 きよら 」を9粒飲みました。すると、すぐに便通がよくなりました。かたかった便がやわらくなり、便秘も解消しました。

また、2ヶ月に1度、病院に通って血液検査を受けていますが、「純炭粉末 きよら」を始めてから2、3回めの検査のとき、肝機能値が正常化していることが判明。

さらに、「純炭粉末 きよら」を飲み始めてから 10 ヶ月後に受けた検査では、血糖値が基準値まで下がったのです。問題の pH 値も、8.2 まで下がっていることがわかりました。さらに、以前より熟睡できるようになり、食欲も増進しています。

老化の元凶物質を除去して膵臓によい影響を

純炭粉末 きよら は、病気や老化の元凶物質である AGE(終末糖化産物)の吸着・排出作用に優れています。体内の AGE が減少すれば、さまざまな健康効果が期待できるでしょう。

AGE は、糖とタンパク質が反応して生成される物質です。AGEは体内に蓄積されると、老化や糖尿病、心臓病などの原因となると考えられています。

AGE を減らすためには、

  • 食生活の改善:糖質や脂質の摂取を控え、野菜や果物などの食物繊維を多く摂取する。
  • 運動:適度な運動をすることで、AGEの生成を抑制することができます。
  • 禁煙:タバコはAGEの生成を促進します。
  • 適度な睡眠:睡眠はAGEの排泄を促進します。
  • 純炭粉末 きよら を継続して摂取する

純炭粉末 きよら は、血糖値に関係が深い、膵臓に好影響を与え、糖尿病の改善につながる可能性もあります。さらに、腸内環境を整える働きがあるので、便秘の改善にも力を発揮します。 純炭粉末 きよら には至れり尽くせりです。

健康体質をつくる

米 危険 私達の主食にも添加物が使われている事実

米 危険 私達の主食にも添加物が使われている事実があります。pH調整剤が使われています。pH調整剤の危険性について紹介します。

米 危険

米 危険
米 危険

食品業界には30年ほど前まで、国民の健康を考え、「毎日食べる主食のコメに食品添加物は使わない」という不文律がありました。

それが崩れたのは、古米を業務用に利用したことに始まります。溜まる一方のコメの処理に手を焼いた農林水産省は、1975年、古米を業務用に回すことを考えついたのです。

価格は新米の3分の1もしないため、味噌、醤油メーカー、ファミリーレストランなどの外食産業だけでなく学校給食会までが飛び付いたのです。

しかし、古米は低温でなく常温貯蔵で保管されていたため腐敗が早く困りました。

そこで使われたのが臭素です。臭素 は発がん性が問題になっている物質です。そんな危ないものが学校給食に出るコメにも使用されていると知った父母は猛反発。臭素のコメへの使用は事実上、禁止になりました。

ただ、古米の防腐剤は臭素だけではないのです。食品添加物の pH 調整剤が防腐効果のために使われ続けているのです。

一部のpH調整剤は、皮膚への刺激やアレルギー反応を引き起こす可能性があります。特に濃度の高い製品や長時間の接触がある場合は、皮膚保護措置(手袋など)を取ることが重要です。

古米の pH 調整剤は、氷酢酸、酢酸ナトリウム(無水)、ポリリン酸ナトリウム、グリシンなど複数の食品添加物が配合されており、古米 1 kg に5 g ほど添加されています(ポリリン酸ナトリウムなどは、過剰にとると、腎臓障害を起こす)。

ポリリン酸ナトリウム( Polylysine Sodium )は、食品や医薬品などの業界で防腐剤や抗菌剤として使用される化合物です。一般的には安全な成分とされていますが、大量摂取やアレルギー反応など、個々の条件や状況によっては注意が必要な場合もあります。

知らないのは消費者だけというわけです。業務用だけではなく、家庭用としてもこうした古米がブレンドされて販売されることもあります。米を買うときは、産地、精山木された年月日の確認は必須ということです。

スーパーで米を購入するときは、「産地」「産年」「品種」の3点セット表示を必ず確認することが重要です。

偽装が多いので、「ブランド米」にはこだわらない。信頼できる「産地直送」のものを探すのがベストです。

米 危険性 pH調整剤 が使われている

筋肉 タンパク質 が必要 体の組織を丈夫にするタンパク質

筋肉 タンパク質 が必要 体の組織を丈夫にするタンパク質がとても重要な役割を果たします。元気な高齢者は肉をよく食べると聞いたことがありませんか。

筋肉 タンパク質 が必要

筋肉 タンパク質
筋肉 タンパク質

元気な高齢者の多くは、肉をよく食べているといわれています。タンパク質は体をつくる材料になりますから、しっかりと摂りましょう。

日本人が1 日に必要とするタンパク質の量は、男性が 60 g、女性が 50 g を推奨されています。

だからといって、50〜60 g の肉を食べれば良いということにはなりません。なぜなら、肉類や魚介類には水分や食物繊維なども含まれているからです。これらの成分を差し引いてタンパク質だけを量ると、半分以下の量に減ってしまいます。

1 日に60 g のタンパク質を摂るには、200 g以上の肉や魚介を食べなければなりません。

そこで、200 g を朝昼晩の3食に分け、1回の食事で 60 〜70 g の肉や魚介を食べるようにすると良いでしょう。

肉や魚介だけではなく、卵や豆腐も良質なタンパク寛が摂れるので、これらも取り入れて体の組織を根本から丈夫にしましょう。

肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ

肉を選ぶときは、脂身の少ない赤身肉がおすすめです。タンパク質の含有量が多いので、効率良く摂ることができます。

健康体質をつくる