杏 ( あんず / アンズ ) あまり知られていない 効果

杏 ( あんず / アンズ ) あまり知られていない 効果 を紹介します。昔からガン、特に肺ガンを含む煙草に関係したガンを抑える効果が期待されています。

杏 ( あんず / アンズ ) あまり知られていない 効果
杏 ( あんず / アンズ ) あまり知られていない 効果

ソロモン王が「りんごでもって病める私に元気を与えてください」といったとき、彼は今日アンズと呼ばれている果物を指していた。エデンの園にはリンゴ ではなく 杏 ( あんず / アンズ ) が育っていたのです。

杏 ( あんず / アンズ ) は抗ガン剤とみなされていたけれども、民間療法が主要な薬効部分としてきたのは種でしたのちに 杏 ( あんず / アンズ ) の種から薬品のレートリルがとり出されました。

杏 ( あんず / アンズ ) はまた、ヒマラヤのフンザ王国ではそのとび抜けた長寿と健康の源泉として大事にされてきました。

映画にもなった小説『失われた地平線』のシャングリ・ラの土地がフンザ王国だ。この土地の人はクバニと呼ばれる野生のタイプの 杏 ( あんず / アンズ ) を、びっくりするくらいの量食べていました。

科学者たちは 杏 ( あんず / アンズ ) の神秘的な評判には真実があると真面目に認めてきました。ノーベル賞受賞者のG・H・ホイップルは1934年に、「肝臓に匹敵するヘモグロビン再生能力がある」と、熱烈に杏 ( あんず / アンズ )を支持しました。

杏 ( あんず / アンズ ) 確認されている事実

杏 ( あんず / アンズ ) は特別の研究対象として選ばれたことがないために、不幸にしてその薬理学的な力は大部分未探知のままです。それでも杏 ( あんず / アンズ ) はある種のガン、とくに肺ガンと、もしかしたら膵臓ガンを予防するようだとして、果物と野菜のなかで高い位置を占めています。

その二つのガンは治療がきわめて困難であり、またいずれも喫煙に関係している種類です。他のオレンジ色をした果物や野菜同様、アンズはビタミンA の一形体である β-カロチン を高濃度にふくんでいます。

βカロチン と 肺がん の関連性

実験室での動物を対象に β-カロチン を用いたテストでは、肺ガンと皮膚ガンをふくむある種のガンを抑えるうえで、めざましい成功を収めています。人を対象とした調査は、β-カロチンを高率にふくむ果物と野菜を多く食べている人は、肺ガン、皮膚ガン、喉頭ガンによる死亡率が低いことがわかっています。

β-カロチンが実験動物のガンを抑えることから、科学者たちはβ-カロチンが 杏 ( あんず / アンズ )の主要な抗ガン因子だとしているけれども、アンズやアンズに類似した食品には他の未発見の物質があって、それも抗ガンの作用をしているのかもしれない。現時点では、ベータ・カロテンが豊富なことから、アンズはガンを予防するうえで非常によい食品といえるということです。

元喫煙者にはとくにすすめられる食品です。高 β-カロチン食品には健康に害のある喫煙の潜在的な発ガン作用を緩和する力があることは確かです。緑茶を飲んでいるとガンにならない

あんずで貧血、高血圧を予防する

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください