ライスベリー とは? ジャスミン米との違いも

ライスベリー

最近、注目されている ライスベリー とはどんなものなのか紹介していきたいと思います。また、ライスベリーと同じようによく聞くようになったジャスミン米との違いも紹介します。ライスベリーとはタイの大学の研究機関で2003年に誕生した新しい品種のお米です。ジャスミンライスと黒米をかけ合わせて作られたもので、紫色の外観が特徴です。

ライスベリー とは

「ライスベリー」は、独特の風味と栄養価の高さで知られる種類のお米です。通常の白米よりも栄養価が豊富で、特に食物繊維や抗酸化物質、ビタミン類、ミネラルを含んでいます。このお米は、健康志向の人々に人気があります。
以下の栄養素が豊富に含まれています。

ポリフェノール:抗酸化作用があり、老化や生活習慣病の予防に効果があるとされています。また、栄養価が高く、工夫次第で様々な料理に使い食卓を彩ることが出来るライスベリーは、見た目も味も楽しめる食材です。

ルテイン:目の健康に欠かせない成分。
オメガ3:血液をサラサラにする効果がある。
y-オリザノール:抗酸化作用や抗炎症作用があるとされる。
亜鉛:免疫力やホルモンバランスの維持に役立つ。
鉄分:貧血予防に効果的。

健康を維持する際にどれも欠かせない栄養が豊富でスーパーフードと言われる所以です。これらの栄養素の働きから、以下の健康効果が期待されています。

  • アンチエイジング
  • 生活習慣病予防
  • 目の健康維持
  • 血液サラサラ
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 免疫力向上
  • ホルモンバランスの維持
  • 貧血予防

ライスベリーの食べ方は、白米と混ぜて炊いたり、雑炊やスープに入れたり、パウダーにしてヨーグルトやスムージーに加えたりして楽しむことができます。

ライスベリーは、スーパーフードとして注目されているお米です。豊富な栄養素が期待されるため、健康維持や美容のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

ライスベリー ジャスミン米 違い

ライスベリーとジャスミン米は、どちらもタイ原産の品種のお米です。ライスベリーはジャスミンライスと黒米をかけ合わせて作られたもので、ジャスミン米の甘い香りと黒米の栄養価を兼ね備えたお米です。

ライスベリーとジャスミン米の違いは、以下のとおりです。

<td”>ポリフェノール、ルテイン、オメガ3、y-オリザノール、亜鉛、鉄分などビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カリウムなど

項目 ライスベリー ジャスミン米
外観 紫色 白色
香り ジャスミンライスのような甘い香り ジャスミンライスのような甘い香り
食感 もっちりとした食感 パラパラとした食感
栄養価

ライスベリーは、ジャスミン米よりもポリフェノール、ルテイン、オメガ3、y-オリザノール、亜鉛、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。そのため、アンチエイジングや生活習慣病予防、目の健康維持、血液サラサラなどの健康効果が期待できます。

一方、ジャスミン米は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。そのため、疲労回復や美肌、高血圧の予防などの健康効果が期待できます。

どちらのお米も、健康に良いお米ですが、それぞれの栄養価や特徴を踏まえて、自分に合ったお米を選ぶとよいでしょう。

具体的には、以下のとおりです。

  • アンチエイジングや生活習慣病予防、目の健康維持、血液サラサラなどの健康効果を期待したい場合は、ライスベリーがおすすめです。
  • 疲労回復や美肌、高血圧の予防などの健康効果を期待したい場合は、ジャスミン米がおすすめです。

また、ライスベリーとジャスミン米を混ぜて炊くこともおすすめです。ライスベリーの栄養価とジャスミン米の甘い香りを同時に楽しめるため、より健康的でおいしい食事を楽しむことができます。

ジャスミン米 栄養素 紫紺米パウダー 命のライスベリー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください