風邪のひきはじめは アロエ 原液 で対策 風邪をひくと喉にくる体質

風邪のひきはじめは アロエ 原液 で対策する方法を紹介します。今年はコロナの影響で、部屋の換気が欠かせません。部屋は、加湿器で全快に加湿をしても5分程度、窓を開けて換気をするとそれまで45~46%を維持できていた部屋が30%以下になってしまうことも。

換気で窓全開 風邪のひきはじめは アロエ 原液
換気で窓全開 風邪のひきはじめは アロエ 原液

湿度だけでなく、部屋の温度も25度くらいを保っていても一気に2~3度下がります。

換気でウィルスが外に放出されても湿度、気温低下で体にいいのかわからないほど環境が一変します。気温・湿度が元に戻った頃には、また換気の時間がやってきます。本当にウィルス対策になっているのかがいまひとつ不明です。しかし、やらないわけにはいかないので、今年のはとてもツライ冬になりそうです。

ボクは小さい頃から風邪をひくときは、まず喉がやられます。喉が痛くなったらすぐに対策すれば大事に至らないことがほとんどですが、放置してしまうと寝込むようになります。

喉が変だと思ったらまずは、丁寧にうがいをして、喉にいるであろう、ウィルスを外に排出します。そして、いつもの夕食の6割ぐらいを食べて(できるだけ温かいもの)部屋をしっかり温かくして眠ります。

おばあちゃんの知恵袋のような方法ですが、これでひきはじめの風邪は7割近く対策できていました。

朝、治っていれば対策は成功ですが、喉の痛みが増していれば対策失敗で、1~2日で熱がでます。3~4日寝込まないと治りません。

ボクの場合、喉の痛みなしで突然熱がでることはないので風邪の重要なサインでもあります。

けれど、40歳半ばになると、喉が痛くなった時点でうがいのみの対策では効果が薄いことがわかり、最近は、アロエを摂るようにしています。

仕事で徹夜が続き、オフィスの中が寒かったりすると喉がやられます。疲れ、寒さが重なるのが一番NGな気がしています。

アロエは昔からさまざまな症状や病気の改善に使われてきており、民間療法の域を超えているとても効能、効果の高いものです。アロエそのものはとても苦くおいしくないのですが、まさに「良薬口に苦し」です。

風邪のひきはじめは アロエ 原液
風邪のひきはじめは アロエ 原液

会社の先輩が同じような体質で風邪を引くときは扁桃腺がやられるとのことでアロエを教えてもらいました。ひきはじめにアロエを摂ると寝込むほどにはならないとのことで。

うちにはアロエがないので無添加の原液をのどにしっかりながしこんでいます。アロエの原液は、毎日口にしているわけではないので、必ず常備するようにしています。

以前まで購入していた原液がネットで購入できなくなってしまったのですが、今購入している、アロエ本舗の「アロエまるごと純しぼり」もとても品質のいいものなのでよく効きます。

咽頭炎、声がれ防止にはのどの粘膜にしみわたるアロエの無添加原液 アロエ本舗のアロエまるごと純しぼり

高野豆腐 肝臓の栄養成分がたっぷり

高野豆腐 は、肝臓の栄養成分がたっぷりです。高野豆腐は、豆腐を凍らせて乾燥させたもので、凍り豆腐、しみ豆腐とも呼ばれる、大豆の加工食品です。大豆の栄養成分をそっくり含んでおり、しかも水分がないだけそれらの栄養分が凝縮されています。

高野豆腐
高野豆腐

余った 高野豆腐 を使い切る方法

まず、とりわけ豊富なのが植物性タンパク質です。これは傷ついた肝臓の細胞の修復材料になります。動物性の食材を控えている方には特に重要なたんぱく源になるでしょう。

次に、肝臓病の予防や改善に役立つサポニンの効率よい供給源であることです。サポニンは、大豆の場合、1kg中に0.5~0.6程度しか含まれていませんが、高野豆腐になると、乾燥して濃縮されている分、はるかに効率よくとれるのです。

お豆腐や大豆の場合、総量のほとんどが水分になりますが、高野豆腐なら栄養たっぷりです。

そのうえ、サポニンは肝臓の働きを高めるので、お酒を飲むときにいっしょにとると、早く酔いが回り、早くさめて、しかも悪酔いしないという利点があります。

このように高野豆腐は、他の大豆製品にない利点を持っていますが、だからといって高野豆腐ばかりを食べていればよいわけではありません。

健康を保つためには、ほかの栄養素も欠かせません。食事全体の栄養バランスをととのえたうえで、高野豆腐を含めた大豆製品を毎日の食卓にふやしていただきたいものです。

肉よりたんぱく質たっぷりの凍り豆腐がおすすめ

同僚の左遷がきっかけで うつ になってしまったが ラフマ葉エキス のおかげで4 日目で眠れるようになった

同僚の左遷がきっかけで うつ になってしまったが ラフマ葉エキス のおかげで4 日目で眠れるようになった 私の体験を紹介します。 ラフマ葉エキス を飲んだら不眠が解消し、その後、うつも再発していません。

布団に入ると焦燥感で眠れずに仕事も集中できなくなった

ラフマ葉エキス を飲んだら不眠が解消し、その後、うつも再発していません。ほんとうに助かっています。 駅近くにある機械関連会社で働くごくごく普通のサラリーマンです。

数年前から残業がなくなり、定時に帰宅できて休日出勤もなくなってしまいました。また、会社の人間関係も少しきつくなってきた頃でした。会社全体の私を含めて多くの人がイライラしていたように感じます。

そんな中、翌年ごろから急に夜の寝つきが悪くなったのです。布団に入って目をつぶっても、なかなか眠くなりません 。

逆に、わけのわからない焦燥感のようなものがわき上がり、ひどい寝汗をかくこともありました。電気を消した真っ暗な部屋で、上半身を起こして頭を抱えている私の姿を見て、隣に寝ていた妻は驚いたようです。

そこで、会社の医務室で産業医の診察を受けました。しかし、血圧測定でも触診でも異常は見られず、医師から「心配ならば大きい病院で検査したらどうか」といわれたのです。 体に異常がないことがわかって一時はホッとしましたが、その後も寝つけない日が1ヶ月ほど続きました。寝不足のせいか会社に行っても仕事に身が入らず、書類作成などのミスが重なって落ち込む毎日。 休日も何となくイライラして、子供と遊んだりテレビを見たりしても以前のように楽しいと思えなかったのです。

その後、精神科に行くように言われ、睡眠薬をもらうように勧められました。ところがもともと薬嫌いもあってか精神科を受診するのも抵抗がありました。

そこで評判のいいクリニックを受診することにしました。医師の問診を受けると初期のうつだと診断されました。同期の退職や左遷が大きなきっかけになっていることが大きなショックになってそれが尾をひいているようでした。 自分も会社に見捨てられるのではないかと、不安を抱えていたようです。そのため、会社でも家でも心が落ち着かなかったようです。

ラフマ葉エキスが効いてうつ症状が改善

医師と相談して薬を使う前にラフマ葉エキスを試すことにしました。医師のアドバイスに従って、1日あたり4粒のラフマ葉エキスを2回に分け、夕食後と床に就く30分~1時間前に2粒ずつ、1日計4粒を飲むようにしたのです。

最初はほとんど変化が感じられませんでしたが、ラフマ葉エキスを飲みはじめ4~5日後、床に就いて間もなく眠りに落ちました。翌日は焦燥感や不安感が消え、集中力が復活。

仕事に身が入るようになったのです。ラフマ葉エキスを2週間ほど飲みつづけたら毎晩快眠できるようになりました。 その後、診断時にうつは解消されたと言われました。現在も再発はしていません。うつは再発がいやなのですが、幸い再発していないのでありがたいです。

ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」  というのはあまりなじみのない言葉ですが、セロトニンサプリです。

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られたり、心のバランスを保つことが難しくなります。 セロトニン不足は、ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因になりうることも知られています。

中国で1800年余り前から「眠りの正常化」や「心の安定に役立つ」お茶として使われているハーブである 「 ラフマ葉エキス 」 を、1粒中に38mg 配合!

180粒入り 1日2粒~3粒(目安) 60日~90日分。 お子様からご高齢の方々まで、ストレス時代のご家族の健康維持にお役立て下さい。ラフマ葉エキスは、薬とは一緒に飲めない抗ストレスハーブの「セントジョーンズワート」などと違い、薬への相互作用は一切ありませんので、安心して飲んで頂けます。

ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」
ラフマ葉エキス 「 セ・シ・ボン 」