1日1個の卵が肝臓を守る

お酒を飲む機会が多く、肝臓の弱りが気になる人に、ぜひ見直していただきたい食品があります。それは卵です。「なんだ卵か!」と思われるかもしれませんが、肝臓でのアルコールの代謝に欠かせない成分が、卵にはたっぶり含まれているのです。

まず、その代表的な成分ヒしてぁげられるのが、メチオニンです。メチオニンは必須アミノ酸の一種で、肝臓でのアルコールの分解作用をスムーズにする働きがあります。また、肝臓では全身の細胞をつくるのはもとより、肝臓の細胞そのものをつくるタンパク質を合成していますが、この働きを正常に保つ上でもメチオニンは欠かせません。

酒飲みは代謝を助けるメチオニンが必要

卵100グラムにつき、このメチオニンが400mgも含まれているのです。これは他の食品に比べてもかなり優秀です。
ところで肝臓のタンパク質の合成にはこのメチオニンばかりでなく8種類もの必須アミノ酸がすべてそろっていないとうまくいきません。よく肝臓の機能が低下するといいますが、これはタンパク質の合成機能が低下することをいいます。

その点、卵のタンパク質には必須アミノ酸のすべてが理想的な割合で含まれていますから、肝臓強化にはぴったりです。

卵が酒好きにとってよいのは、これらの理由からだけではありません。豊富に含まれるビタミン類も、肝臓の機能を正常に保つのに欠かせない存在です。

たとえば脂肪肝を予防してくれる物質として、卵にはコリンというビタミン様物質が含まれています。コリンは、肝臓での脂肪の分解を促進してくれるのです。

さらに卵には、アルコールが燃焼するときに必要なビタミンB1や、脂肪の酸化を防ぐビタミンB2もたっぶり含まれています。アルコールが肝臓にいちどきに多量に運ばれると、肝臓の働きが弱くなって、肝臓の中に蓄えられている脂肪が酸化されやすくなります。これが肝臓に炎症を起こす原因の1つになります。

しかし、このときにビタミンB2が働いて脂肪の酸化を防いでくれるのです。また、ビタミンB2には肝臓がアルコールを分解するとき、その役割を果たす酵素を助ける作用があるので、よりスムーズなアルコール代謝ができます。

このように卵は、メチオニンをはじめとする必須アミノ酸、コリン、ビタミンB群などを含む、すぐれた強肝食品です。お酒を飲むときには、おつまみにぜひ卵料理を1品は加えて、肝臓をしっかりガードしたいものです。

しかも、飲酒前に卵を食べておくと胃の粘膜が保護され、アルコールの吸収が弱められるので、悪酔い予防にも効果的です。なお、卵は加熱状態によって胃での消化時間が異なります。胃のもたれがちな人は、消化のよい半熟卵にして食べることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です