糖尿病 アカシアポリフェノール が効く理由

糖尿病 アカシアポリフェノール

糖尿病 アカシアポリフェノール が効く理由を紹介します。アカシアポリフェノール というのは、アカシアの樹皮に含まれるポリフェノールの総称です。ポリフェノールとは、植物に含まれる天然の化合物で、抗酸化作用や抗炎症作用など、さまざまな健康効果が期待されています。

糖尿病 アカシアポリフェノール が効く理由

糖尿病 アカシアポリフェノール
糖尿病 アカシアポリフェノール

アカシアポリフェノールには、フラボノイド、フェノール酸、タンニンなどの成分が含まれており、これらは活性酸素の除去、炎症の抑制、血糖値の低下、腸内環境の調整などに大きく関与しています。

しかし、健康効果についての研究はまだ充分ではありません。期待される効果は以下の通りです。

  1. 活性酸素の除去
  2. 炎症の抑制
  3. 血糖値の低下
  4. 腸内環境の調整

この中で重要な効能・効果は糖尿病に欠かせない「血糖値の低下」です。糖尿病は、血糖値を下げ安定化させることが予後に大きく影響します。

血糖値やヘモグロビンA1Cといった糖尿病の病状の指標となる数値は、かなり悪化しないと自覚症状がでないので、症状がでた時には、病状がかなり悪化して、症状を改善するのに四苦八苦する方が多くいらっしゃいます。

そこで アカシアポリフェノール を薬と併用して飲むことで糖尿病を抑えることができるということです。

アカシアポリフェノールはどうやって飲めばいいのか

アカシアポリフェノールは、アカシアの樹皮から抽出された粉末や、サプリメントとして摂取することができます。

アカポリ糖ケアという機能性表示食品がありますのでこれを購入して飲みます。
1 日の摂取目安量は 1 回に 6 粒 です。食事の時に 1 回 6 粒を目安に、水またはお湯などで摂取します。
180粒入りを購入すれば1ヶ月分です。

アカシアポリフェノール 食事で摂取するには

アカシアポリフェノールは、アカシアの樹皮にしか含まれないため、食事から摂取することはできません。

アカシアポリフェノールを食事で摂取したい場合は、アカシアの樹皮から抽出された粉末や、サプリメントを利用することになります。

アカシアポリフェノールの粉末は、ヨーグルトや納豆、シリアルなどにかけて摂取することができます。サプリメントは、1日あたり100〜200mg程度を目安に摂取します。

TerraVita社 アカシア フラワー パウダー 天然のポリフェノール配合 113g サプリメント TerraVita Acacia Flower Powder アカシア ポリフェノール カテキン 1本

TerraVita 社は 世界中でも注目される高品質・最高級の、最も純粋な最も強力な食材を使用プレミアム品質の製品です。

純度、健康に期待できる、安定性と鮮度の可能な限り最高の基準で品質証明されています。
製品はすべて、全体のmanufactを通して原料から、品質管理の最高の要素を用いて調製されます。

アカシア フラワー パウダー
アカシア フラワーは、オーストラリアの700 種以上の オーストラリアの中で最も多産なブラックワトルから得られます。
アカシアは樹齢 6 年以上の野生または栽培された木から採取され、 加工される前に 1 年間熟成させる必要があります。

アカシアの花には 24 ~ 42% のタンニンと没食子酸(没食子酸 GA-gallic acid は、 果物、野菜、漢方に含まれる 天然のカテキン 天然のポリフェノール化合物です) が含まれています。
強い渋みが特徴です。

アーユルヴェーダでは、アカシアは健康のサポートにも役立つハーブとして長年親しまれています。

■ 栄養成分- アカシアの花(全ハーブ)100%粉末加工

アカポリ糖ケア 効果 口コミ アカシアポリフェノール配合

糖尿病

玉ねぎの皮茶 ヘモグロビンA1C が 2ヶ月 で下がった

玉ねぎの皮茶 ヘモグロビンA1C

玉ねぎの皮茶 ヘモグロビンA1C が 2 ヶ月飲んだら 下がりました。5 年前に糖尿病と診断されて以来通院していました。私が飲んだ 玉ねぎ皮茶 は 国産 さらさら たまねぎ皮茶 です。
国産 さらさら たまねぎ皮茶 はこちら。

玉ねぎの皮茶 ヘモグロビンA1C 下がる 大の甘いもの大好きで食事制限も不要

5 年前に糖尿病と診断されて以来、病院に毎月通ってきました。 空腹時血糖値は 80 ~ 90 とまぁまぁの数値ですが、私の場合、ヘモグロビン A1C が高いのが問題で、ちょっと油断すると上がり、最高で 7.5 まで上昇したことがありました。とにかく思うようにヘモグロビンA1Cが下がってくれなくてやきもきしていました。

やっぱり 原因は、元来の甘党ぶりのせいだと思います。自分では意識して甘いものを敬遠するようにしているつもりりですが、食べ始めると止まらなくなってしまいます。

一口食べると、とまらなくなってしまいます。2口目ぐらいまでは、どうしよう~食べちゃった ~という罪悪感があるのですが、3口目からは、おいしくいただいてしまいます。

住職を務めるお寺ではよく和菓子をいただくので、あんこ好きの私はついつい食べてしまい、それで血糖値が上がったのでしょう。 そんなときに雑誌の糖尿病特集玉ねぎの皮茶 で 国産 さらさら たまねぎ皮茶を知り、取り寄せました。

うれしい変化は、飲み始めて 2 ヶ月を経過した頃でした。驚いたことに、 ヘモグロビン A1C が 7.5 から一気に 6.5 に下がったのです。これにはとても驚きました。あんなに毎朝、散歩をしたり、食べ物に注意してもなかなかいい数値に下がらなかったのでとても驚きました。

私は、ある時期までは、食事療法を一生懸命やったのですが、ここ最近は、数値が下がらないので食事療法を素直に申し上げて、やめてしまいました。食事制限は特に何もしていないので、国産 さらさら たまねぎ皮茶 のおかげであることは明らかです。

玉ねぎの皮茶 国産 さらさら たまねぎ皮茶 には感謝しかありません。

ヘモグロビン A1C が下がって以来、体のだるさがなくなり、気持ちまで爽快そのもの。この年齢で足腰の痛みもなく、元気いっぱいです。朝の目覚めがとてもよくなり朝はとても爽快です。

現在も着実に数値は下がり続けて 6.3 で安定していますが、運動もがんばって 5 台にまで下げる決意です。 住職という務め柄、お寺に来られるみなさんのためにいつまでも元気でいたいですし、玉ねぎの皮茶は末永く愛飲していきたいと思っています。

糖尿病

玉ねぎ皮茶がヘモグロビンA1Cを下げる効果 (まとめ)

玉ねぎの皮茶には、ヘモグロビンA1Cを下げる効果があると期待されています。しかし、現時点では、玉ねぎの皮茶がヘモグロビンA1Cを確実に下げると断言できるほどの科学的な根拠にたどり着きません。

玉ねぎの皮茶に含まれるケルセチン

玉ねぎの皮には、ケルセチンというフラボノイドの一種が豊富に含まれています。ケルセチンには、抗酸化作用や抗炎症作用、血糖値を下げる作用などがあることが研究で示されています。

動物実験や一部の臨床試験で効果を示唆

動物実験や一部の臨床試験では、玉ねぎの皮茶やケルセチンがヘモグロビンA1Cを下げる効果を示唆する結果が出ています。しかし、これらの研究は小規模なものであり、まだ十分なエビデンスとは言えません。実際に血糖値やヘモグロビンA1Cが下がったという声は多数届いています。

大規模な臨床試験の必要性

玉ねぎの皮茶がヘモグロビンA1Cを下げる効果を確立するためには、より大規模な臨床試験が必要です。

注意点

玉ねぎの皮茶は、あくまでも健康補助食品であり、医薬品ではありません。
糖尿病の治療薬の代わりになるものではありません。
血糖値を下げる効果には個人差があります。
玉ねぎアレルギーの人は、飲用を避けましょう。

玉ねぎの皮茶を飲む際のポイント 作り方

玉ねぎの皮をよく洗い、水気を切ってから使用します。
水1リットルに対して、玉ねぎの皮10g程度を目安に煮出します。
沸騰したら弱火で10分ほど煮出します。
1日1~2杯を目安に飲みます。

まとめ

玉ねぎの皮茶には、ヘモグロビンA1Cを下げる効果があると期待されていますが、現時点では十分な科学的な根拠はありません。効果には個人差もあり、糖尿病の治療薬の代わりになるものではありません。玉ねぎの皮茶を飲む場合は、上記の注意点を参考に、健康補助食品として取り入れるのがいいでしょう。

たまねぎ ポリフェノール のおかげで血糖値 ヘモグロビンA1C 値が急回復

 

テンペ菌発酵の「八酵麗茶」の口コミ

「八酵麗茶」で血糖値200を脱出

30 年間に渡って私の血糖値はジワジワ上昇し、薬の量を増やしても血糖値は、300 、ヘモグロビンA1Cが8.6に達しました。夜中に突然、かかとがビビッとしびれて、飛び起きたこともあります。かかとの皮膚もガサガサの状態でした。

このお茶にすがろうと、テンペ菌発酵の薬草茶を飲み始めたのは7年前のこと。そして、飲用して7ヶ月がたったころ、思いがけないことに、三重あごのたるみとお腹のぜい肉がまずぐんぐん消えてきたのです。

薬草茶の飲用以外、食事制限などの努力はしていないのに、体重は11kgも減って49kgに到達。これには、喜びと驚きの体験でした。

検査数値も徐々に改善に向かって、一昨年の3月、ヘモグロビンA1Cは7.6に降下。まだやや高くとも、合併症を恐れていた私には大進歩といえるでしょう。

同時に手先、足先まで、全身の血流がとてもいいことにも、主治医が感心していました。そのせいか、素肌もきれいなピンク色になって、かかとまでツルツル。しびれも全然起きなくなりました。

今では、薬を朝・昼・夜1錠ずつに減らしても問題ありません。テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を毎日2リットル必ず飲むようにして、血糖値はほぼ160台に安定しています。

好物のお寿司、ピザ、焼き肉や中華を心から味わえるのも、薬草茶がそばにあるおかげです。たまに、食後血糖値が200~300になったときは、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」をコップ1杯飲みます。そして30分ほどウォー土ングをすると、180までぐいっと下がるのです。テンペ菌発酵の薬草茶のパワーは、まさしくてきめんです。ひとこと。これを飲むと飲まないとでは大違いで、私に威動を与えてくれたお茶! と言っても決して大げさでは太りません。