糖尿病性網膜症も諦めるな!サトウキビエキスは網膜にたまった変性脂質を排出する

糖尿病の合併症による網膜症がすすんだが血糖値が3ヶ月で大幅に改善し飛政症も消え視界良好

糖尿病の合併症の1つに、糖尿病網膜症があります。糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管が傷っいて破裂・出血して発症する眼病です。

糖尿病網膜症は現在、失明原因の15%以上 を占めており、緑内障に次ぐ第2位となつています。複数の疫学調査を総合的に見たところ、糖尿病網膜症を合併している糖尿病患者は35.4% に上ることが判明。糖尿病患者の3人に1人が網膜症を患っているといえます。

糖尿病網膜症の進行の度合いは、網膜の状態や症状によって初期(単純網膜症)、中期(前増殖網膜症)、末期(増殖網膜症)の3段階に分かれています。

初期(単純網膜症)
網膜にある細い血管の壁が盛り上がって膨らんだり、少量の眼底出血が起こったりしている状態です。自覚症状はほとんどありません。
中期(前増殖網膜症)
初期の単純網膜症に比べると動脈硬化(血管の老化)が進行し、網膜に酸素や栄養が行き渡りにくい状態になります。目のかすみや疲れを感じる人が多くなる一方で、自覚症状を訴えない方も少なくありません。この段階までは、血糖値をコントロールすることで改善の見込みがあります。
末期(増殖網膜症)
動脈硬化はさらに悪化し、血管の機能を補うために、本来の血管ではない新生血管が作られます。ところが、新生血管は非常にもろく、簡単に被れて出血してしまいます。その結果、視界に黒い小さな点がチラついて見える飛蚊症が現れ、出血量が多くなると視力が急激に低下するのです。末期の段階になると、血糖値をコントロールしても進行を食い止めることはできません。やがて網膜剥離を起こして視力がさらに低下したり、重度の緑内障を合併したりして、失明に至るケースも少なくありません。

サトウキビエキスは、医師がハーバード大学で行っていた研究をもとに、試行錯誤を繰り返した未に完成した健康食品です。

サトウキビエキスは責斑変性にも有効で黄斑部のむくみが解消し視界も良好

長年の高血糖で糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、白内障を合併している患者さん11人を対象に、サトウキビエキスを3ヶ月間試してもらう試験が行われています。その結果、試験終了後には糖尿病網膜症のAさんの空腹時血糖値は、237→127に改善。ヘモグロビンA1Cが8.6→6.2にまで低下。

他の全員の数値も大幅に改善しました。試験に参加された方の感想は、

  • 「視界が明るくなって飛蚊症も治まった」
  • ものがかすんで見えることがなくなり、まぶしさも和らいだ」

「といった多くの喜びの声が多数ありました。

黄斑変性は、かつては欧米人に多い病気といわれていたものの、最近では日本人にも急増しています。根治する治療法はなく、現在、中途失明原因の第4位です。黄斑変性は、網膜の中心にある黄斑部という部分に、むくみや出血が生じることで視紳胞が死滅し、視野の欠損や急激な視刀低下が起こる病気です。

医師のサトウキビエキスの開発のきっかけは医師の母のも黄斑変性で視力障害に悩まされていたことがきっかけだったと言います。。

医師は、母親のためにも黄斑変性の根治につながる治療法を探し求めて、サトウキビエキスは開発されたということです。。サトウキビエキスは、高血糖や脂質異常症で黄斑変性を合併している方々さんにも、すばらしい結果を出しています。

黄斑変性の方々によるサトウキビエキスの働きを調べる試験も実施されています。試験では、OCT(光干渉断層計)という網膜の状態を画像化する機器を使って、黄斑部や視神経の状態を調査されています。

サトウキビエキスを飲む前の画像には、黄色やオレンジ色に見える部分が目立ちました。これは黄斑部にかたまりたまった変性脂質の塊で、視力低下の原因です。

一方、3ヶ月後の画像を見ると、黄色やオレンジ色の部分が減少してました。これは、黄斑部に蓄積されていた変性脂質が排出され、むくみが解消したことを証明しています。
「視界のゆがみやぼやけが軽快した」と皆さん口を揃えていました。

サトウキビエキスの使用感(黄斑変性・緑内障に効果)

アカシアポリフェノールは、お腹にたまった内蔵脂肪を燃焼させ肥満や脂質異常症の改善にも有効

脂肪の蓄積を抑えて肥満を抑制する

アカシアポリフェノールには、糖尿病・高血糖のみならず、高脂血症(脂質異常症)や肥満の改善作用も確認されています。

マウスによる動物実験

普通に飼育しても糖尿病と肥満を発症する、実験用マウスを用いた実験での結果です。
「高脂肪食にアカシアポリフェノールを混ぜたえさ」を食べたマウスでは、血中の中性脂肪の変化を調べたところ、トリグリセリド(中性脂肪)とコレステロールが、肝臓に蓄積するのを防ぐ作用が見られました。

ヒトによる試験でも

次に、肥満ぎみの成人男女を対象にアカシアポリフェノールを8週間摂取してもらい、摂取前と摂取後に腹部CT画像を撮影して内臓脂肪の平均面積を調べました。

すると、アカシアポリフェノールを摂取した人では、取らなかった人と比べて内臓脂肪が明らかに減っていたのです。特に内臓脂肪の多い人で比較したところ、アカシアポリフェノールを摂取しなかった人は、内臓脂肪が平均約72平方センチ増えたのに対し、アカシアポリフェノールを取った人たちは、平均11.1平方センチも内臓脂肪が減少していました。

60歳女性の腹部CT画像の変化でもアカシアポリフェノールの飲用前と飲用後を比べると、内臓脂肪面積はなんと40.6平方センチもの減少。

30%以上の内臓脂肪が消費されていたのです。では、アカシアポリフェノールが、どのようなメカニズムで高血糖や高脂血症を改善するのでしょうか。私たちは、マウス遺伝子レベルで、アカシアポリフェノールの働きを調べました。その結果、以下の3つの働きが明らかになりました。

  1. 骨格筋(筋肉)におけるエネルギー消費を増やす
  2. インスリン抵抗性を改善する遺伝子を増やし、インスリン抵抗性を引き起こす遺伝子を減らす
  3. 肝臓で脂肪を分解させる遺伝子を増やし、脂肪の合成と蓄積に関与する遺伝子を低下させる

これらの結果から、アカシアポリフェノールは、代謝や熱エネルギー産生に問わる体の各部位に働きかけて、高血糖や肥満を防ぐ総合的な作用を発揮すると考えられます。

筋肉
糖の取り込みを増やして、エネルギー消費量を増加
脂肪細胞
脂肪の合成や脂肪の蓄積を低下
肝臓
脂肪の蓄積を低下させて、エネルギー消費量を増やす
血管
血糖値を正常に維持し、血中の中性脂肪を減らす

たまねぎの効果を最大限に引き出す食べ方は「生食」だが、加熱して食べるなら包丁で切って20分後に調理を開始すればOK

たまねぎを切ると血栓を防ぐ成分が出る

バランスのいい食事をとりながら、たまねぎを毎日4分の1個程度食べれば、糖尿病・高血圧・脂質異常症、といった現代人に多い生活習慣病をはじめ、死の原因にもなる脳梗塞や心筋梗塞などさまざまな病気の予防・改善効果が期待できます。

ガン予防の場合は、5分の2個以上の摂取が目安になりますが、まずは毎日の食事メニューに1日4分の1個以上のたまねぎを食べるという習慣を意識します。
たまねぎは胃、大腸、肺のガンを防ぐ強力抗がん食

では、たまねぎの健康効果を最大限に得るには、どのような調理法でとるのがいいのでしょうか。

最も効果的なのは、辛みの強いたまねぎを切って生で食べることです。たまねぎに包丁を入れて細胞を壊すと、中に含まれているイソアリインという物質やアリナーゼという酵素が結びついて、プロペニルチオスルフィネートなどの辛み成分が作られます。この辛み成分が血液をサラサラにして血栓をできにくくし、脳梗塞や心筋梗塞を防いでくれるのです。

調理時には水洗いを避ける

生のタマネギが苦手な人や、食後の口臭が気になる人もいるでしょう。その場合は、たまねぎを加熱調理してとることになりますが、有効成分のプロペニルチオスルフィネートの効果を得るには、少し工夫が必要になります。

それは、たまねぎを切って20分ほど置いてから加熱調理することです。すると、その間にイソアリインとアリナーゼが結びついてププロペニルチオスルフィネートに変わるので、この状態になれば、加熱しても血液サラサラ効果を大きく失うことはありません。

ただし、たまねぎを切ったあとに水でさらすと、イソアリインやアリナーゼが流れ出てしまうので、たまねぎに包丁を入れたあとは水洗いをしないで調理してください。もちろん、たまねぎはいくら食べても食べすぎということはありませんが、大切なのは1度に多くの量を食べるより、毎日、4分の1個以上をとりつづけることです。

濃縮たまねぎの口コミ、使用感、効能・効果一覧

高血糖の放置は血管をボロボロにしてしまう テンペ菌発酵の薬草茶なら血液をさらさらにして糖尿病を改善、予防する

急増する糖尿病患者

糖尿病というのは、活動のエネルギーとなる糖分を体の中にたくさん備えており、有効活用できていない状態(代謝)を言います。言い方次第で「宝の持ち腐れ状態」でもあるのです。

せっかくのエネルギーを上手に使えないのは、インスリンというホルモンが不足するからです。インスリンは血液の中にあるエネルギー源=糖を、体の各組織や細胞に橋渡しするような働きをしています。

人によっては、インスリンが運んだ糖を、組織や細胞が受け取れず血糖値が高くなっていることもあります(インスリン抵抗性)。

エネルギー源である糖が届けられないと、体は、たんばく質や脂肪など別のものを原料にしてエネルギーを作ります。しかし糖のように効率よくエネルギーを作れません。そのため不完全燃焼が起きて、体の中に老廃物がたまります。

血液の中には、本来使われるはずだった糖が余っています。そしてこの余った糖や老廃物が血管の表面を傷つけたり、血管を詰まりやすくさせたりするのです。

糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症として知られていますが、いずれも細い血管が目詰まりして起こる病気です。

高血糖が血管を損傷し、合併症につながる

糖尿病になると、エネルギーが有効活用できていないので疲れやすくなります。血管の中に糖がたまっているので、体は何とかして、それを薄めようとします。糖尿病の患者さんが、のどの渇きを訴えるのはこのためです。

高血糖を放置すると、太い血管でる動脈にも悪影響が現れてきます。糖の影響で血管がボロボロになって脳出血、詰まりやすくなることで脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などのリスクが高まります。糖尿病治療・高血糖改善の基本は、食を中心とした生活習慣の見直し。糖はごはんやパン、麺類、お菓子などに多く含まれています。
「野菜は大丈夫だ」と思いがちですが、いも類やにんじん、かぼちゃ、とうもろこしなど甘みのある野菜も要注意です。ヘルシーに感じられる果物にも、糖はたっぶり。高血糖になると我慢しなければいけない食べものがたくさんあります。

高血糖による合併症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病神経障害
  • 糖尿病腎症
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 心筋梗塞

こうした食事制限に終わりはありません。いったん血糖値が下がったからといって、好きなものを好きなように食べると、また血糖値が上がってしまうからです。「薬を飲んで、サッと治せないのだろうか」と思う人もいるでしょう。もちろん治療薬はあります。でも「薬を飲んでいるから、食事制限に終わりはありません。
いったん血糖値が正常値になっても好きなものを好きなだけ食べていれば血糖値は再び上昇します。

薬を飲んで簡単に治せないの?と思う人もいるかもしれませんが、当然、治療薬はあるのですが、薬を飲めば食事制限は怠けるというのでは合併症を招く原因になります。インスリンを分泌する脾臓は疲れ切ってしまいます。

血糖値が安定しない人にテンペ菌の発酵茶を飲んでもらった実験があります。12人中11人のヘモグロビンA1Cが下がり、基準値以下になった人もいました。お茶を飲むだけなら手軽でストレスなく誰でも実行できます。

糖尿病患者にとって重要な水分補給も合わせて行うことができます。テンペ菌発酵のお茶はこちら

テンペ菌の発酵茶で実際に糖尿病のヘモグロビンA1Cや血糖値の改善をした人の体験談テンペ菌発酵の薬草茶の使用感(糖尿病に効果) です。