テンペ菌発酵の「八酵麗茶」の口コミ

「八酵麗茶」で血糖値200を脱出

30 年間に渡って私の血糖値はジワジワ上昇し、薬の量を増やしても血糖値は、300 、ヘモグロビンA1Cが8.6に達しました。夜中に突然、かかとがビビッとしびれて、飛び起きたこともあります。かかとの皮膚もガサガサの状態でした。

このお茶にすがろうと、テンペ菌発酵の薬草茶を飲み始めたのは7年前のこと。そして、飲用して7ヶ月がたったころ、思いがけないことに、三重あごのたるみとお腹のぜい肉がまずぐんぐん消えてきたのです。

薬草茶の飲用以外、食事制限などの努力はしていないのに、体重は11kgも減って49kgに到達。これには、喜びと驚きの体験でした。

検査数値も徐々に改善に向かって、一昨年の3月、ヘモグロビンA1Cは7.6に降下。まだやや高くとも、合併症を恐れていた私には大進歩といえるでしょう。

同時に手先、足先まで、全身の血流がとてもいいことにも、主治医が感心していました。そのせいか、素肌もきれいなピンク色になって、かかとまでツルツル。しびれも全然起きなくなりました。

今では、薬を朝・昼・夜1錠ずつに減らしても問題ありません。テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を毎日2リットル必ず飲むようにして、血糖値はほぼ160台に安定しています。

好物のお寿司、ピザ、焼き肉や中華を心から味わえるのも、薬草茶がそばにあるおかげです。たまに、食後血糖値が200~300になったときは、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」をコップ1杯飲みます。そして30分ほどウォー土ングをすると、180までぐいっと下がるのです。テンペ菌発酵の薬草茶のパワーは、まさしくてきめんです。ひとこと。これを飲むと飲まないとでは大違いで、私に威動を与えてくれたお茶! と言っても決して大げさでは太りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください