便秘が原因の頭痛はプルーンでよくなる

プルーンは干したものも売られていますが、エキスにした製品のほうが便利です。プルーンエキスは一般のスーパーや薬局でも売られています。

便秘気味のときにこれを用いると、便通がよくなり、体の調子がよくなります。ただし、消化器が非常にデリケートな人は、プルーンエキスをとると、短時間のうちに便通がついてびっくりするということもあります。

実は、プルーンには、他の果物には見られない興味深い糖分が多く含まれています。それは、ソルビットと呼ばれるもので、ブドウ糖の仲間になります。
ソルビットは、チューインガムなどの甘みとしても用いられているものです、

爽やかな甘味をもった糖です。食品に添加するソルビットは、ブドウ糖に水素を加えてつくりますが、自然界にもこのソルビットは存在します。これは主に、未熟な果物の中に多く含まれています。果物が未熟な間は、糖類はソルビットが主体であすが、熟してくるとソルビットはブドウ糖や果糖に変化して、ソルビットの量は減ります。

ところが、プルーンだけは、熟してもソルビットが多量に残り、ブドウ糖や果糖に変化す量が少量です。つまり、プルーンは甘味の材料が、他の果物と異なるのです。

このソルビットは消化吸収されにくい性質があります。そこで、低カロリーキャンデーと称するものの中には、このソルビットがかなり多く使われている場合があります。
ただし、ソルビットは消化吸収されず、糖のまま腸に行くために、腸は糖の刺激に対して敏感に反応します。だからから低カロリーキャンデーを食べすぎると便意を催すことがあるのです。

ソルビットが腸に行くまでの時間は、食事をした後でとった場合はかなりかかりますが、空腹時にはそんなにかかりません。とくにソルビットを飲物でとると、水分が多いので、30分もかからないうちに腸に届きます。

その結果、便通が促されるのです。便秘は高血圧の原因になるし、不要な成分を体内に吸収するので頭痛を起こしたり、な気分になったりします。だから、ぜひプルーンで予防するのがいいでしょう。

ところで、プルーンエキスは、濃縮されているので、コンパクトで利用しやすいのが特徴です。また、乾燥したプルーンの果実を水で抽出して濃縮したものであるから、水に溶けやすい成分が多く含まれています。

中でもカリウムは、大変水に溶けやすいので、プルーンエキスのカリウム含有量は非常に多いです。高血圧気味の人は、減塩がすすめられますが、ただ塩を減らしただけでは、血圧は下がりにくいのです。
体内の余分な塩分を排泄することが必要で、そのためには、かなり多くのカリウムをとる必要があるのです。その点では、高カリウムであるプルーンエキスは効率のよいカリウム補給源になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です