魚を常食している人は心筋梗塞になりにくい

魚の脂肪酸は肉とかなり異なっています。脂肪酸というのは脂肪の構成成分で、グリセリンに脂肪酸が3個結合して脂肪がつくられます。
魚の脂肪酸は、イコサペンタエン酸(IPA 、EPAともいう) やドコサヘキサエン酸(DHA) といったものが主体です。

中でもDHAは、血管の収締を緩め、血液の申の成分である凝固因子の血小板の凝集を抑制する作用があります。血小板の凝集が血管内で起こると血栓を生じ、その結果、心筋梗塞や脳梗塞が起こることはよく知られています。

このIPA やDHAの働きはもともと、あまりよく知られていませんでした。それが知られるようになったきっかけは、動物の肉を多食する地域では心筋梗塞が多いのに、北極圏に住み、動物性の肉を多食するイヌイットには、ほとんどそれが見られないことが発見されたことからです。

よく調べてみると、彼らが食べているオットセイやアザラシのような北の海に生息する動物の脂肪は、いわゆる牛肉などに含まれている脂肪の成分とはまったく異なることが分かりました。
これらの海にすむ獣の脂肪には、魚の脂肪分の構成成分であるIPAやDH Aが多量に含まれているのです。海獣は、主として魚を食べています。したがって、その脂肪は、そのままこれらの動物の脂肪として体に蓄えられます。

つまり、海獣の肉を主に食するイヌイットは、間接的に魚を多食しているのと同じであることが分かりました。そのため、IPAやDHAの効果によって梗塞が起こりにくいことが判明したのです。

その後、漁村で魚を常食にしている地域にも心筋梗塞が少ないことが判明し、魚の脂肪に含まれる脂肪酸が血栓を防止するのに役立つことが裏づけられたのです。

魚の脂肪酸は、植物油に多く含まれるリノール酸とはまったく違う系列のものです。魚の脂肪酸はn-3系とよばれますが、一部の例外(オリーブ油、菜種油、ゴマ油、米ぬか油など)を除いた植物油のリノール酸はn-6 系と呼ばれているもので、これらの脂肪酸は、体の中でお互いに変換することができません。つまり、IPAやDHAのようなn-3 系の脂肪酸をとろうと思えば、魚を食べることが一番簡単です。

そこで、血栓を防止し、心筋梗塞や脳梗塞も防ぐには日常的に魚を食べる必要がありますが、日本の食生活では急速に魚離れが起こっています。とくに、昭和45年頃、魚と肉の摂取量が逆転しました。今では、肉の摂取量は過去の魚並みになり、反対に魚の摂取量は過去の肉並みになっているのです。これは大きな問題で、心筋梗塞や脳梗塞が増加する危険があります。

意識して魚を食べることが大切です。

DHAは脳の発育に必須の栄養ということですが、こちらには脂肪が多い赤身魚のマグロのトロの方がDHAは豊富と紹介されていますのでマグロのトロを定期的に食べる習慣をつければ脳梗塞などの危険な病気を防ぐことができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です