糖尿病の人には清涼飲料水は絶対NG

糖尿病の人が食事のときに清涼飲料水を飲んでいる姿はそれほど珍しくありません。アルコールは駄目でも、ジュースなら大丈夫という錯覚です。
ちなみにお酒を飲むのなら蒸留水がいいでしょう。
糖尿病の人はアルコールを飲むなら「泡盛」

ジュースなら大丈夫という考え方は大きな誤解でしかもこれは自殺行為です。100% 果汁ジュースであっても糖分はかなり含まれています。まして、加糖されている清涼飲料水になると、もっと多量の糖分が入っています。

これをアルコール飲料代わりにどんどん飲めば、予想しない量の糖分をいつの間にか摂取しています。本人は糖尿病に対する食事制限を守っているつもりですが、.実際はまったく真逆のことをしているということです。

これだと、アルコール飲料を適度に飲んでいる方がまだましというケースもあるでしょう。こうした誤った糖分摂取は、禁煙している人ににも見られます。

それは、禁煙していると口寂しいのでキャンデーをなめるという行動です。キャンデーは通常のサイズのもので、1個5グラム程度の糖分を含んでいます。

したがって、これを始終食べ続けてしまえば、「塵も積もれば山となる」のたとえのように、かなりの糖分摂取量となってしまいます。

清涼飲料水であっても、無糖のウ一口ン茶ならいいかというと、そうとも言い切れないところに落とし穴があります。糖分が入っていない点はよいのですが、茶の一種であるため、かなりのカフェインを含んでいます。これを多量に飲むと安眠を妨げることにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です